ワールドトリガーの三雲修が弱すぎ?母親や覚醒・強くなるかについても

ワールドトリガー

「ワールドトリガー」の主人公の一人「メガネくん」こと三雲修(みくもおさむ)。

修はチーム内でもっともトリオン量が低く、戦闘にも強くないという、ジャンプ作品としてはかなり珍しいタイプの主人公です。

そのため「弱すぎ」「弱くてイライラする」など、否定的なファンの声もチラホラ・・・

そこでここでは三雲修の「弱すぎ」と言われる理由をエピソード付きで解説。

また修の性格に大きな影響を与えていると思われる母親や、修が今後覚醒し、強くなるかについても解説します。

なおこの記事にはネタバレがあります。

 

「ワールドトリガー」三雲修のプロフィール

引用元:「ワールドトリガー」2巻

プロフィール

  • 名前:三雲修(みくもおさむ)
  • 誕生日:5月25日
  • 年齢(連載開始時):15歳
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型
  • 星座:うさぎ座
  • 所属:ボーダー玉狛支部
  • ポジション:射手(シューター)
  • 好きなもの:親の手料理、橋

本作の主人公の一人・三雲修は三門市立第三中学校に通う3年生(連載開始時)。

父親からのお下がりであるアンダーリムのメガネ、常に頬にかいている「冷や汗」がトレードマーク。

作者の葦原大介さんは三雲の汗について「かなりの高確率で頬に冷や汗をかいており、冷や汗をかいてないオサムを50個集めると抽選で金のオサムと交換できる」とコメントしています。

そんな修がいるクラスに空閑遊真が転校してくることで「ワールドトリガー」の物語は大きく動き出します。

遊真との出会いで変わり始める修の人生

学校に内緒でボーダーのC級隊員(訓練生)として活動していた修のクラスに、空閑遊真が転校してきます。

放課後、遊真やクラスの不良らとともに警戒区域内に行った修は、不良たちに殴られます。

すると突然ゲートからバムスターが出現し、不良たちを襲撃。

不良たちを助けようとする修に、遊真は「なんでお前が助けるんだ」と尋ねます。

ぼくがそうするべきだと思っているからだ!!」と答えた修は、トリガーを起動し、適うはずもないバムスターに挑みます。

結局バムスターを退治したのは遊真でしたが、空閑遊真との出会いにより、修の人生は大きく変わっていきます。

裏表がないバカ正直な性格

自分を殴った不良を助けるために、バムスターに挑んでいったことからもわかるように、三雲修は真面目で正義感が強い性格の持ち主です。

「ぼくがそうするべきだと思っているからだ!!」からも、修の真っ直ぐで、曲がったことが嫌いな性格がよくわかります。

そんな修の性格を、ボーダー外務・営業部長の唐沢克己は「馬鹿正直なヒーロー」と評価していました。

 

また空閑遊真は、修は自分の父親に似て「(自分と他人の心配のバランスがおかしい)ほど世話を焼くタイプ」「面倒見の鬼」と分析。

そんな裏表がなく、バカ正直な性格の修は多くの人間から信頼されており、ストーリーの中で少しずつ成長していきます。

雨取千佳を守り麟児を探すためにボーダー入隊

三雲修がボーダー入隊を決意したのは雨取千佳を守るため。

そして千佳の兄・麟児を探すためでした。

千佳は膨大なトリオン量を持っているため、小さい頃からトリオン兵に狙われていました。

しかし狙われていることを周囲に話しても、信じてもらえずにいました。

 

また修の家庭教師をしていた麟児は、ボーダーの「協力者」と取引をしてトリガーを手に入れ、異世界に行こうとしますが、行方不明になります。

トリオン兵に連れ去られたと考えられます。

正義感が強い修は千佳を守るため、そして異世界に連れ去られた麟児を救うためにボーダーになったのです。

「ワートリ」三雲修の弱すぎと言われる理由を解説

三雲修は、読者(視聴者)から「弱すぎ」「雑魚」「ボーナスキャラ扱い」などの声が上がるほどの激弱で、「逆なろう系主人公」「持たざるメガネ」とも言われているとか!?

従来のジャンプ作品の主人公とはかなり異っていますね。

そこでここでは三雲修が弱いと言われる理由をエピソード付きで解説します。

入隊試験を受けるも不合格で最後は裏口入隊?

雨取千佳の兄・麟児が行方不明になったことがきっかけで、ボーダー入隊試験を受けた修でしたが、結果はあえなく不合格。

結果に納得いかない修は、合否の基準に疑問が残るとボーダー側に直談判。

しかし試験担当者は「才能の優劣ははっきりと存在する」「君が防衛隊員として活躍するのはむずかしい」「オペレーターや技術者になったらどうか」と、修の訴えを退けます。

 

それでも不満な修は、夜ボーダーの基地に不法侵入し、偉い人間と交渉しようとします。

このとき修の侵入を予知していたと思われる迅悠一と遭遇。

その後どのような経緯で修がボーダー隊員になったか不明ですが、迅の口利きで合格したのかも?

まさか裏口入隊!?

いずれにしても試験で落とされるくらいですから、修は「弱すぎ」と言われても仕方がないですよね。

近界民(ネイバー)に狙われる価値もないトリオン量

玉狛第二の隊員の中で、もっともトリオンが小さいのがリーダーの修。

トリオンはRPGでいうMPに相当しますから、その量が小さければ戦っても「弱い」ことになります。

マンガ2巻13話でトリオンを計測すると、修のトリオンは「近界民(ネイバー)に狙われるにはこの3倍は欲しいかな」と遊真に言われる程度しかありませんでした。

修はネイバーに狙われる価値もないということになります(笑。

これでは「弱い」と言われるのもムリはありませんね。

お前本当にB級か?

空閑遊真、雨取千佳とともに玉狛第二を結成し、遠征選抜部隊を目指すことになった三雲修。

3人は玉狛支部の先輩から指導してもらうことになりますが、修の担当は烏丸京介に。

さっそく烏丸から指導を受けた修ですが、その弱さを見た烏丸から「お前本当にB級か?」と言われてしまいます。

ちなみに雨取千佳は担当の木崎レイジから「戦い方を覚えればエースになれる素質がある」、また空閑遊真は担当の木南桐絵から「ボーダーのトリガーに慣れればすぐにA級になる」と高く評価されていました。

修とは大違い(笑。

さらに修は木南から「玉狛に弱いやつはいらない」とまで言われてしまうのでした。

修、前途多難です。

模擬戦でも連敗続き

単行本5巻35話で、A級隊員の風間蒼也から模擬戦を申し込まれた修。

はるかに格上の相手なので拒否することもできましたが、強さを知っておいたほうがいいと考えた修は、戦うことを決めます。

しかし実力の差はいかんともしがたく、24連敗。

最後に引き分けを勝ち取り、風間から「この先が楽しみ」と評価されますが、戦闘能力が低いことは誰の目からも明らかでした。

 

その後の年下の緑川駿との模擬戦でも10連敗。

「最後まで動きが読めなかった」と、ここでも修は自分の弱さを実感することになります。

A級隊員最弱の唯我にも大きく負け越し

ランク戦ROUND3で那須隊の那須玲に「素直な動きね、三雲くん」と言われ、あっさりやられてしまった修は、一人で点が取れる銃手(シューター)になるために行動開始。

太刀川隊の唯我尊と実戦訓練を行います。

A級の中で最弱と言われる唯我相手でしたが、修は48勝152敗と大きく負け越し。

強すぎない相手と戦い、弾の当て方を理解した修でしたが、相変わらず戦闘力は弱いままでした。

 

三雲修の母親・三雲香澄を解説

引用元:「ワールドトリガー」10巻

三雲修の性格に大きな影響を与えていると考えられるのが母親の三雲香澄です。

ここでは三雲香澄という人物について解説します。

三雲香澄のプロフィール

三雲修の母・香澄は、キリッとした目元と怜悧な美貌を持つ39歳。

年齢よりもかなり若く見えるのが特徴で、外務・営業部長の唐沢克己があ修の姉であると勘違いほど。

また米屋陽介、出水公平、緑川駿のA級三バカも「お母さん?」「若っ!」「お姉さんじゃなくて?」と驚いていました。

一見クールで落ち着いているように見えますが、恋愛に関しては積極的だったらしく、大学時代に減災の夫(修の父親)に猛アプローチ。

卒業と同時に結婚したとのこと。

最初は修のボーター入隊に反対していましたが、後には応援するようになっています。

三雲香澄の性格

真面目でバカ正直な修とは異なり、香澄はかなり苛烈な性格をしています。

修ひとりに大規模侵攻の責任を押し付けた記者会見では、修に容赦ない質問をする記者たちを見て「棒か何かでぶん殴ってやりたい」と話すシーンからも、香澄の激しい人となりがわかります。

また病室で1週間もの眠りから覚めたばかりの修に、仲間の千佳に泣いてもらえないのは親密さが足りないからだ、ときびしく指摘するなど、香澄は「面倒見の鬼」である修とはかなり違ったキャラであることがわかります。

 

そんな母親の存在が影響してか、修は女性に興味を示さず、一緒にいても緊張することはありません。

その理由を小南桐絵は「お母さんが美人だから」、修自身は「母以上に圧の強い女性に会ったことがないから」と、それぞれ説明しています。

 

「持たざるメガネ」三雲修は覚醒し強くなるのか解説

結論を書くと三雲修はストーリーが進むにつれて次第に強くなっていきます。

弱さを頭脳で補う戦闘スタイル

強くなるといっても、戦闘力自体が極端に上がるわけではありません。

戦闘力の低さを作戦やすぐれた状況判断で補うのが三雲修の戦闘スタイル。

トリオンの数値は低いですが、数字だけで勝負が決まらないのが「ワールドトリガー」です。

修には低い戦闘力を補って余りある頭脳と研究熱心さがあるのです。

次からは修がどう強くなっていったのか、具体的に見ていきましょう。

三雲修は曲者(くせもの)

B級ランク戦ROUND3で、玉狛第二は来馬隊、那須隊と対戦。

このランク戦で、修は那須隊の那須玲に「まだ戦い慣れていない」「素直な動き」と低い評価をされるも、那須玲と鈴鳴隊の2人を戦わせている間に、自分は那須の背後を取って状況を支配。

那須と鈴鳴を同士討ちさせようとします。

修は最後に那須にやられてしまいますが、那須もトリオン切れにより緊急脱出(ベイルアウト)。

 

また仲間の雨取千佳を常に安全な場所に逃し、全滅の危険を避け、点を取ることもしていました。

修の戦いぶりを見ていた太刀川慶は「こいつは曲者だ」と評価していました。

木虎からスパイダーを教わる

引用元:「ワールドトリガー」14巻

B級ランク戦ROUND4に敗れたあと、三雲修は嵐山隊の木虎藍に頭を下げ、自分に合った戦い方の教えを請います。

木虎が修に教えたのはワイヤーを使い、相手の動きを封じるスパイダー。

 

玉狛第二は次の香取隊、柿崎隊とのランク戦に勝利。

修自身もスパイダーを使い、2点をゲットし、玉狛第二の勝利に大きく貢献します。

スパイダーは空閑遊真の能力を引き出すこともできますし、攻撃を相手に当てる必要もないので、修には合っているトリガーです。

修にとってスパイダーを覚えたことは大きな収穫でした。

隠し玉で二宮を落とす

引用元:「ワールドトリガー」22巻

遠征選抜試験を受けるために、どうしても勝たなければならないランク戦ROUND8。

最後に残ったのは玉狛第二と二宮隊でした。

居場所が割れた雨取千佳を二宮隊の2人が追い、空閑遊真&三雲修vs二宮匡貴の状況が生まれます。

ここで修は不意をついて銃を撃つと、二宮は後方に逸れて弾を回避。

ここでだれもが修の負けを確信しますが、修が撃ったのはアステロイドではなく追尾弾(ハウンド)。

 

弾は見事に二宮に命中。

遊真がとどめを刺し、二宮は緊急脱出(ベイルアウト)。

玉狛第二が6点を取り勝利し、遠征選抜試験の切符を獲得します。

修はトリオン量が少ないことを逆手に取り、最後まで追尾弾(ハウンド)を隠し通すことで、最後に二宮匡貴を仕留めることに成功するのでした。

ここでも修のすぐれた状況判断ぶりが光っていました。

まとめ

ここでは「ワールドトリガー」の三雲修についてまとめました。

  • 三雲修はボーダー入隊試験に不合格、トリオン量が少ない、戦っても弱いため、ファンから「弱い」「弱すぎ」と言われている
  • 母親の香澄は、修と兄弟と間違われるほど見た目が若いが、苛烈な性格をしている
  • 戦闘力自体が極端に上がるわけではないが、戦略、戦術、スパーダーなどを身につけることで、三雲修は次第に力をつけ、玉狛第二の勝利に貢献するようになる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました