メイドインアビスのイルミューイとは?願いや成れ果て村になった経緯を解説

メイドインアビス

「メイドインアビス」で、深海六層の還らずの都にやってきたリコたち。

ここでプルシュカの白笛が何者かに盗まれてしまいます。

匂いを頼りに追跡すると、たどり着いた場所は成れ果て村(イルぶる)。

多くの成れ果てが住む成れ果て村の正体とは、イルミューイという元人間の少女でした。

今回はイルミューイが成れ果て村になった経緯を解説。

イルミューイの願いについても考察します。

 

「メイドインアビス」イルミューイが成れ果て村になった経緯を解説

最初にイルミューイが成れ果て村になった経緯を解説します。

探索隊ガンジャがアビスへ

かつてアビスの底に眠るといわれる黄金郷を見つけるために、決死隊ガンジャが船を進めていました。

三賢者と呼ばれるワズキャン、ベラフ、ヴエコ(ヴエロエルコ)が中心メンバーで、リーダーを務めるのはワズキャンでした。

ヴエコが持っていた星の羅針盤を頼りに、ガンジャ隊は黄金郷を目指します。

先住民の少女・イルミューイと出会う

ガンジャ隊のメンバーがアビスにたどり着くと、イルミューイという少女が現れます。

イルミューイは先住民の中でも地位の高い女性の子どもでした。

しかし子どもができない体であることがわかると、イルミューイはアビスに捨てられてしまったのです。

イルミューイの面倒を見ることはできない、という隊員もいましたが、ワズキャンはイルミューイを同行させることにします。

すぐにイルミューイはヴエコに懐くようになります。

謎の病気が蔓延

水源を確保したガンジャ隊の隊員たちは生活を開始。

しかしある日、謎の病気がまん延し、多くの隊員たちが命の危機に瀕することに。

イルミューイも病気に侵され、体調を崩してしまいます。

原因は水に擬態する原生生物。

水を絶たれてしまったガンジャ隊は水もどきを飲んで死ぬか、水もどきを飲まずに乾れて死ぬかという選択を迫られます。

欲望の揺藍をイルミューイに使う

病気により隊員たちが衰弱する中、ワズキャンは”欲望の揺藍(よくぼうのようらん)”をイルミューイに使用することを指示。

”欲望の揺藍”とは願いを叶える卵型の遺物のことで、成体よりも幼体の方が使用に適しているとのこと。

そこでワズキャンはイルミューイに”欲望の揺藍”を使うことにしたのです。

するとイルミューイの体には、後遺症を残したまま回復するという奇妙な現象が起こります。

イルミューイが異形を産み落とし続ける

しかし”欲望の揺藍”を与えられたイルミューイの体は徐々に変形。

そして異形(=白い生物のようなもの)を生み続けるようになります。

しかし生まれた子どもは翌日には死亡。

そして2人目も3人目の子どもも、生まれては死ぬを繰り返していきます。

イルミューイは涙を流し悲しみますが、どうすることもできませんでした。

イルミューイの子どもを病気の隊員たちに振る舞う

ワズキャンがイルミューイが産んだ子どもを取り上げ、隊員たちに食べさせると隊員たちは回復。

生きたままの子どもには、水もどきの症状を緩和する効果があったからです。

これ以降もワズキャンはイルミューイの子どもを隊員たちに食べさせ続けます。

イルミューイが成れ果て村に

”欲望の揺藍”を託されたイルミューイの体は人の形を失い、人間性を失い、やがて言葉も発することが不可能に。

そしてある日、大きく形を変えたイルミューイは層の中心部へと向かっていき、成れ果て村となります。

そしてガンジャの隊員たちを取り込み、成れ果てにしてしまうのです。

イルミューイが最後に産んだ子がファプタ

イルミューイが最後に産んだ子がファプタです。

イルミューイが産んだ子どもはすべて村人たちに食されていましたが、その子どもたちはファプタの兄や姉に当たります。

ファプタは村人を根絶やしにすることで、自分の兄姉の恨みを晴らそうとしていました。

イルミューイの願いを考察

イルミューイの願いは不明

欲望の揺藍を与えられたイルミューイの願いが何であったかは不明です。

なぜならイルミューイが自分の言葉で話していないから。

したがって考察する必要があります。

イルミューイの願いを考察

イルミューイの願いとは以下の4つのいずれか、または複数ではないでしょうか。

その1:子どもを産むこと

イルミューイは子どもを産むことを望んでいたと考えられます。

なぜなら子どもがが産めない体であるために、親に捨てられたから。

個人的にはイルミューイは「子どもを産むこと」を一番願っていたと考えています。

その2:母親になること

母親になることもイルミューイは望んでいたのではないでしょうか。

母親として子育てすることも尊いことですから。

ですが産んだ子どもは翌日には死んでしまい、挙句の果てにはワズキャンに取られてしまいます。

あまりにも気の毒ですね。

その3:ヴエコを救うこと

ヴエコを救うこともイルミューイの願いだったと考えられます。

子どもを食べたヴエコの症状は回復しましたからね。

イルミューイはヴエコに母性を感じていました。

ヴエコと一緒にいたいという気持ちは強かったはずです。

その4:ガンジャ隊の隊員を救うこと

これは可能性としては極めて低いのではないでしょうか。

ガンジャ隊はイルミューイを道案内として同行させます。

その間、イルミューイは隊員から面倒を見てもらっていました。

よってイルミューイが隊員たちに恩義を感じていた可能性はあります。

ですが、隊員たちを救いたいとまで思っていたかどうかは疑問だからです。

イルミューイは最後に死亡するのか

結論を書くと、イルミューイ(成れ果て村)は村民たちと一緒に最後に消滅します。

イルミューイが最後に産んだ子どもがファプタであることは説明しました。

ワズキャンに取り上げられて隊員たちに食べられたイルミューイの子どもは、ファプタにとって兄や姉に当たる存在。

ファプタは村人を根絶やしにすることで、自分の兄姉の恨みを晴らそうとしてしていました。

そんなファプタはレグの火葬砲により成れ果て村の壁に穴をあけることに成功。

すると成れ果て村は原生生物の侵入を許し、村民たちは食べられてしまいます。

こうして成れ果て村とすべて消失。

成れ果て村になったイルミューイもこのとき死んだことになりますね。

まとめ

  • イルミューイは先住民の中でも地位の高い女性の子どもだったが、子供が産めないためにアビスに捨てられた
  • ガンジャ隊と行動を共にしていたイルミューイは、隊員の間に病気が蔓延したとき、欲望の揺藍を託される
  • イルミューイは子どもを産むようになるが、翌日には死んでしまう
  • イルミューイは2つ目の欲望の揺籃を与えられたことで巨大化し、ついには成れ果て村となる
  • イルミューイの願いは「子どもを産むこと」「母親になること」「ヴエコを助けること」だったと考えられる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました