プランダラのシュメルマンの正体や強さ・能力は?リヒトーとの関係や敵か味方かについても

アニメ・マンガ

人気マンガ「プランダラ」のアニメが放送中です。

プランダラの世界観がアニメでも十分表現されていますね。

さて「プランダラ」単行本4巻ではナナがジェイル、陽菜、リィン、ペレを、300年前の日本に送る場面があります。

ジェイルたちはそこで軍学校に入学するのですが、そこではシュメルマン少佐という人物が学長を務めていました。

シュメルマンは現在のアルシアでも生きており、主人公リヒトーやジェイルたちと対峙することになります。

ここではそんなシュメルマンについてまとめました。

一体どんな人物なのか?正体や能力は?

またリヒトーとの意外な関係や、リヒトーやジェイル、陽菜らの敵か味方かについても解説します。

「プランダラ」シュメルマンの正体は?

シュメルマンはジェイルたちが送られた300年前の日本に、そして現在のアルシア王国にもいます。

シュメルマンは300年以上生き続けている人物です。

過去と現在に分けてシュメルマンをご紹介します。

300年前のシュメルマン

300年前の世界では、シュメルマンは日本の軍学校で学長を務めていました。

シュメルマンはリヒトー(離人)、時風、ジェイル、陽菜、リィン、ペレらが所属するAクラスの担任も努めていました。

Aクラスの生徒達は軍人になり、人を殺すことに抵抗を感じていました。

そんな彼らを見てシュメルマンは殺さない軍隊」になりなさい、と言います。

軍人にはなるが戦場に行っても人は殺さない。

相手と圧倒的な軍事力の差があればそれができる。

自分なら君たちをそこまで引き上げることができる。

シュメルマンはこう言って、生徒たちに軍人になるための訓練を受けさせます。

シュメルマンの訓練を受けてAクラスのメンバーは次第に強くなっていきます。

生徒たちにとってシュメルマンは理解のある指導者に映っていたようです。

シュメルマンは議会(アルシング)に遺伝子レベルで同期できる人間

ジェイルが軍学校で撃墜王の手術について調べていると、幼少期のナナから詳しい情報を聞き出すことができました。

ナナによると、シュメルマンは議会(アルシング)に遺伝子レベルで同期できる人間で、バロットを使わずとんでもない能力を発揮することができる、といいます。

それを知った軍学校の前任者は、シュメルマンから議会に同期できるDNAを取り出し、それを他人に移植し、とてつもない能力を発揮できる人間を作る人体実験をします。

すべては来たるべき戦争に備えてのことです。

その実験の最初の成功例がナナであり、次に手術を受け撃墜王になったのがリヒトーでした。

シュメルマンは特殊なDNAを持っているために300年以上も老化せず、生き続けることができるのです。

現在のシュメルマン

現在のアルシア王国では、シュメルマンは特務部隊の隊長兼総統閣下を務めています。

特務部隊はアルシア王立軍とは別の組織で、王族直属の超エリート集団です。

諜報、誘拐、暗殺など何でもやる組織で、ごく一部の人間しかその存在を知らない極秘の組織です。

特務部隊はいずれは王立軍も支配下に置きたいと考えており、マンガ10巻に王立軍総司令アレクサンドロフ上級大将を罠にはめ、特務の人間が王立軍総司令に着くところが描かれています。

このようにシュメルマンは300年以上軍人として生きており、現在のアルシア王国でも重要なポジションにいることがわかります。

シュメルマンの強さや能力を考察

シュメルマンの能力について、はっきりしたことはわかりません。

ただ他の人間がバロットを使うことで何らかの能力が発揮できるのに対して、シュメルマンはバロットを必要とせず特殊な能力を発揮することができます。

マウスを使った撃墜王の手術の実験では、凶暴になったマウスを一瞬で氷漬けしました(マンガ5巻)。

また7番目の撃墜王ペレことゲシュペンス=ゼレーゲンを簡単に倒してしまいました。(13巻)。

「瞬撃の撃墜王」時風より剣は速く、「重撃の撃墜王」道安より身体能力は高く、反応速度もリヒトーを上回っていると考えられます。

徒手での戦いでも強みを発揮します。

推測ですがシュメルマンの強さは7人の撃墜王の誰よりも上回っており、ここまで登場したキャラクターの中では最高の強さと能力を兼ね備えていると思われます。

シュメルマンとリヒトーの意外な関係

主人公のリヒトーとシュメルマンには意外な関係があります。

軍学校にいた時、リヒトーはシュメルマンの養子になりました。

リヒトーは坂井時風の祖母に世話になっていた時、坂井離人という名前でした。

その後シュメルマン=バッハの養子になったので、リヒトー=バッハという名前になりました。

シュメルマンは小さい時、酒浸りの母親から虐待を受けており、右目をくり抜かれます。

シュメルマンはその後母親を殺して施設に入り、軍人になり結婚します。

彼は子どもを作り絵本を読んであげたいという夢を持っていました。

しかし子どもはできず妻は自殺してしまいます。

そんなシュメルマンの背景を知った離人はシュメルマンの養子になることを決めます。

軍学校にいた頃の離人はシュメルマンの生徒に対する愛情は本物だったと信じていました。

シュメルマンはリヒトーたちの敵か味方か?

現在のアルシアではシュメルマンはリヒトーやジェイルと敵対する存在と言えます。

シュメルマンは300年前の廃棄戦争を、アルシア王国を作ることで終わらせた中心人物です。

地上(アビス)から食料や資源を搾取し、一部の選ばれた人間だけが豊かに暮らすアルシアを維持したいと考えているようです。

それに対してリヒトーやジェイルたちは、地上から搾取するアルシアの現状はよくないと考えています。

そのためアルシアを地上に戻し、どちらの人々も争いがなく生きられる道を模索しています。

両者の間には考え方に隔たりがあります。

軍学校ではリヒトーたちに理解ある態度で接していたシュメルマンですが、あの時点から「選民」の試験は始まっていました。

リヒトーたちが戦わない軍隊を目指した時点で、シュメルマンは彼らを自分の軍隊に必要ないと考えていました。

今後この対立がどうなっていくか、注目していきましょう!

まとめ

  • 300年前のシュメルマンは軍学校の学長
  • 議会と同期するDNAの持ち主で、リヒトーらに遺伝子を移植し撃墜王にした
  • 現在はアルシア王国特務部隊の特務部隊の隊長兼総統閣下を務めている
  • 能力は未知数だが、バロットを使わず撃墜王を上回る強さを発揮できる
  • リヒトーはシュメルマンの養子になった
  • 現在のシュメルマンとリヒトーやジェイルたちは敵対する関係にある

アニメではどこまで描かれるかわかりませんが、シュメルマンはわからないことが多い人物です。

それだけに注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下の記事でアニメ「プランダラ」を無料視聴できる動画配信サービスをまとめています。

プランダラ(アニメ)全話を無料視聴できる動画配信サービスまとめ!

 
関連記事
プランダラのジェイルの能力や強さ・信念を解説!リヒトーの敵か味方かについても

プランダラの陽菜(ひな)の母とリヒトーの関係は?恋愛関係もネタバレ!

プランダラの強さランキングベスト7!最強キャラクターはだれ?

プランダラの 7人の撃墜王の能力やカウント・バロット一覧!異名や名前の由来についても

プランダラのペレとリィンは恋愛関係?プロフィールや強さについても

プランダラのナナの正体は撃墜王?過去や能力・リヒトーとの恋愛についても

プランダラのリヒトーの強さや能力は?ジェイルとどっちが強いか考察も

プランダラのカウントやアビス送り・アビスの悪魔を解説!アルシア建国との関わりについても

プランダラでリヒトーが撃墜王になった理由は?仮面やカウントの意味についても

「プランダラ」道安と園原の強さや能力は?2人の恋愛もネタバレ

「プランダラ」廃棄戦争とは?リヒトー・時風ら撃墜王との関係についても

「プランダラ」坂井時風のカウントや強さは?陽菜との関係やその後についても

「プランダラ」アニメ1期は原作マンガの何巻まで?続きはどこからも解説

タイトルとURLをコピーしました