「探偵はもう死んでいる」切り裂きジャック事件の犯人は誰?結末についても

探偵はもう死んでいる

シエスタ死亡の1年後、君塚君彦、夏凪渚、シャーロット・有坂・アンダーソン(シャル)は、シエスタの死の真相につながるエピソードの動画を見ることになります。

動画には、1年と少し前にロンドンで起きた「切り裂きジャック事件」を追うシエスタと君塚の様子が収められていました。

有力な容疑者は人造人間ケルベロスでしたが、ケルベロスがヘルに倒されてからも、同様の事件が起こることに。

事件の真犯人は誰なのでしょう?

ここでは”切り裂きジャック事件”の真相と事件の結末を解説します。

なおこの記事にはネタバレがあります。

 

「探偵はもう死んでいる」切り裂きジャック事件の犯人は誰か解説

5件の切り裂きジャック事件

作中では5件の切り裂きジャック事件が起きますが、最初の4件と最後の1件では事件の様相が異なっていました。

  • 最初の4件の事件:起きたのは深夜帯。目撃者が少ない
  • 5件目の事件:比較的早い時間帯に起き、目撃者も多くいた。被害者はこの地区で有名な女性議員

当初は報道規制が敷かれていましたが、被害者が5人になったところで「切り裂きジャック(ジャック・ザ・デビル)」として報道されることに。

しかも5人目の被害者はカリスマ性のある女性政治家が残忍な方法で殺されたということもあり、メディアはセンセーショナルに事件を報道。

 

君塚とシエスタは、SPES(スペース)に所属するケルベロスが起こしたものと考えていました。

ギリシア神話に登場する犬の怪物に由来するコードネームを持つケルベロスは、人間の心臓を食い荒らす人造人間。

他の人物に成り代わる能力や鋭い嗅覚を持っているので、事件を起こすのには好都合。

しかし真犯人は別にいました。

実はシエスタも君塚も犯人はケルベロスではなく、別の人物であるとうすうす感づいていました。

切り裂きジャック事件の犯人

切り裂きジャック事件の犯人はヘルです。

シエスタと交戦した時、ヘルは自らの胸に刃を突き立ててしまい負傷。

この際、ヘルは心臓にダメージを負います。

そこでヘルは生き延びるために5人もの人々の心臓を奪い、その心臓をバッテリーとして消費していたのです。

ここで気になるのはヘルの正体。

臙脂色の軍服を着たショートカット、紅の瞳をしたヘルという少女は一体何者なのでしょう?

「たんもし」ヘルの正体は何者か解説

ヘルの正体

ヘルの正体は、夏凪渚が自分の中に作り出したもう一人の人格です。

心臓が悪く、親に捨てられた夏凪は、SPES(スペース)の研究施設でつらい人体実験を受けながら幼少期を過ごします。

その研究施設で出会ったのがシエスタとアリシア。

施設の異常さに気が付いた夏凪たち3人は、施設に犯行を試みますが、SPESの親玉・シードに敗北。

アリシアは死亡し、記憶を消されたシエスタは施設から逃亡。

つらい経験をした夏凪は、苦しさから逃れるために、自分の中にもう一人の人格・ヘルを作り出します。

切り裂きジャック事件のときは、夏凪の体はヘルの人格に支配されていたのです。

アリシアと夏凪の関係

切り裂きジャック事件が起きていた時、記憶喪失の少女・アリシアが君塚に保護されます。

実は、保護されたアリシアは夏凪が成り変わった姿でした。

SPESの研究施設でアリシアの死を目の当たりにした夏凪は、数年後のロンドンでケルベロスの種を使い、無意識のうちにアリシアの姿を身にまといます。

そして君塚の前に姿を現し、「アリシア」という名を騙った(かたった)のです。

 

なお夏凪もSPESの研究施設で記憶を消されていたため、当時のことを覚えてはいませんでした。

こうしてみると、記憶を消されたうえに、別人格のヘルに体を支配されて5人の人間の心臓を奪った夏凪も、被害者と言えるかもしれません。

ジャック・ザ・デビル事件の結末を解説

最後に切り裂きジャック事件の結末を解説します。

アリシアを追って海域の島へ

アリシアが切り裂きジャック事件(ジャック・ザ・デビル事件)の犯人であると確信したシエスタは、アリシアを殺そうとします。

しかし人造人間カメレオンが現れ、アリシアをSPESの施設がある海域の島へ連れ去ります。

アリシアを奪還するためにシエスタ、君塚、シャルは海域の島へ。

ここでシエスタたちはSPESの親玉・シードや、シードが作った人造人間と戦うことになります。

シエスタ死亡

シエスタに危機が迫っていることを知った君塚は、島の反対側へバイクを走らせます。

ここでシエスタはアリシアの体を乗っ取ったヘルと交戦。

シエスタはヘルの人格を否定する言葉を吐き、ヘルの人格を抑え込もうとしますが、ヘルも必死に抵抗。

最後は復活した生物兵器ベテルギウスが現れ、シエスタは倒されてしまいます。

再び心臓にダメージを受けたヘルは、シエスタの心臓を奪い、自分の左胸に。

こうしてシエスタは死亡。

しかしシエスタは意図的にヘルに負けることを選んだのです。

シエスタの目的

シエスタの目的は、アリシア(夏凪)の「いつか学校に通ってみたい」という願いを叶えること。

シエスタの能力を持ってすれば、ヘルを倒すことは可能でした。

でもシエスタは探偵として依頼人アリシア(夏凪)の願いを叶えることにしたのです。

 

でもアリシアが学校に通うためには、ヘルの人格を抑える必要があります。

そこでシエスタはわざとシルに負けて、心臓を奪われます。

シエスタの心臓は特別で、自分の意識を心臓に宿すことで、他人の体の中で自我を保ち続けることが可能。

シエスタの心臓はヘル(アリシア)に体に入ることで、ヘルの意識を抑え込みます。

自分が死ぬことがわかった上で、シエスタわざとヘルに負けて、アリシアの願いを叶えようとしたんですね。

まとめ

「探偵はもう死んでいる」の切り裂きジャック事件の真相をネタバレ解説しました。

  • 切り裂きジャック事件の犯人はヘル
  • ヘルはアリシアが作り出したもう一つの人格
  • アリシアの正体は、小さい頃から心臓が弱く、SPESの施設で人体実験を受けていた夏凪渚
  • シエスタはヘルに心臓を奪われることで、ヘルの人格を抑え、学校に通いたいというアリシア(夏凪)の願いを叶えようとした

アリシア=夏凪渚であり、ヘルはアリシアが作り出した別人格、という設定がわかりにくかったですが、理解するとよくできたストーリーだと感心します。

今後も楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました