「探偵はもう死んでいる」夏凪渚は死亡する?死因や復活についても

探偵はもう死んでいる

「探偵はもう死んでいる(たんもし)」に登場する夏凪渚(なつなぎなぎさ)。

シエスタ亡き後、探偵となり君塚君彦とコンビを組むことになる夏凪ですが、死亡することはあるのでしょうか?

今回は夏凪渚の死亡について解説します。

 

「探偵はもう死んでいる」夏凪渚は死亡するのか解説

夏凪渚の基本情報

  • 本名:夏凪渚
  • 年齢:18歳

夏凪渚は君塚君彦と同じ高校に通う18歳。

小さいころから心臓が弱く、両親にも捨てられた夏凪は、スペース(SPES)の孤児院で幼少期を過ごします。

孤児院でシエスタ、アリシアと友だちになった夏凪は、3人で施設に対抗しようとしますが失敗。

記憶を消されてしまいます。

そんな夏凪が高校で君塚と出会うことで、「たんもし」の物語は大きく動き出します。

 

ちなみに性格はドMで、口癖は「倍殺し」。

夏凪渚は死亡する?

結論を書くと、小説4巻終盤で夏凪渚は死亡します。

ただし完全に死亡したわけではなく、調律者の一人である発明家のスティーブン・ブルーフィールドにより脳死状態と診断されます。

では夏凪はなぜ死亡するのか、死因を解説します。

「たんもし」夏凪渚はなぜ死んだ?死因を解説

夏凪が死亡するのは小説4巻終盤でのこと。

夏凪が死亡するまでの経緯と、死亡シーンを解説します。

巫女に会うため君塚とロンドンへ

シードを倒し、シエスタを蘇らせたい君塚と夏凪は、ヒントを求めてロンドンにあるシエスタの家に行くことに。

ロンドンを行く直前、君塚は警察の加瀬風靡から「この世界のすべての未来を知っている」という巫女の存在を聞きます。

巫女とは世界に12人存在する調律者の一人のこと。

君塚はシエスタが生き返る未来を観測してもらうために、巫女に会うこと決意。

夏凪と一緒にロンドンへ向かいます。

巫女が語るシエスタが生き返る未来

君塚は巫女と面会することに成功。

しかし巫女は君塚を追い出し、夏凪だけに”シエスタが生き返る未来”について語ります。

巫女によると、夏凪の心臓をシエスタに返せばシエスタは生き返るとのこと。

巫女の話を聞いた夏凪は、自分の命を犠牲にしてシエスタを蘇生させることを決意します。

SPES(スペース)の旧施設でわかった事実

ロンドンで一定の成果を得た夏凪と君塚は、新たなヒントを求めて夏凪やシエスタがかつて過ごしていたSPES(スペース)の施設へ。

すると施設ではシエスタの体が冷凍保存されていました。

実はシエスタの体はスティーブン・ブルーフィールドという調律者により冷凍保存され、仮死状態になっていたのです。

シエスタの7つ道具も制作したというスティーブンは、闇医者のような行為もしていたようです。

 

同時に夏凪らは、施設に残されていたデータやシードの過去の言動から、シードの弱点は太陽の光だと推測。

この直後、巫女のミアから「今すぐ日本に帰って」という電話が入ります。

斎川唯を取り戻すため帰国

ミアの予言によると「これから24時間以内にシードが日本に来襲するとのこと。」

シードの目的は自分の器候補である斎川唯。

急いで帰国した夏凪と君塚でしたが、このときすでに斎川はシードに捕まっていました。

斎川を取り戻すため、夏凪と君塚はシードとの最終決戦に挑みます。

夏凪vsシード

自分が犠牲になることでシエスタを生き返らせようとする夏凪は、言霊の能力を使い君塚を眠らせます。

そして探偵代行として一人でシードと対決。

戦いが始まると、夏凪はシエスタのマスケット銃でシードの触手を攻撃。

シエスタのマスケット銃には、攻撃を受けた相手は銃を撃った者に攻撃できなくなるという効果があります。

しかしシードは夏凪本人ではなく、夏凪の頭上にある天井など他の対象物をを破壊して、夏凪の体にダメージを与えます。

夏凪との戦闘中、シードは自分の触手の遺伝子を組み換え、マスケット銃の効果をなくし、再び夏凪に攻撃できるようにします。

地面の茨(いばら)の棘が足に突き刺さるなど、夏凪はダメージを受けますが、それでも言霊で自分の足に「動け!」命令して、戦いを続けます。

夏凪死亡

シードまで2メートルのところに近づいた夏凪は、別人格ヘルの力を借りて赤いサーベルをシードの首に振りかざします。

しかしヘルの紅い刃は、敵の首まであと数センチのところで触手により防がれます。

ここで夏凪の援軍が来たことを悟ったシードは消えるように退散。

一方の夏凪は力尽き、その場に倒れ込みます。

シードとの命をかけた戦いの中で、夏凪の体には相当なダメージが蓄積されていました。

ここで夏凪は死亡します。

夏凪脳死状態に&シエスタ復活

シードに敗れ、一度は死んだ夏凪渚は脳死状態になっていたことが小説5巻で判明。

人工呼吸と投薬により、なんとか命をつないでいる状態でした。

ただしスティーブンによると「回復の可能性はゼロ」「患者が目を覚ますことない」とのこと。

夏凪の復活はないと考えられました。

 

一方、夏凪の心臓は元の持ち主であるシエスタの左胸に。

心臓を取り戻したシエスタは復活し、夏凪が死んで落ち込む君塚の前に現れます。

なおシエスタの死因については以下の記事で詳しく解説しています。

夏凪渚は復活・生き返るのか解説

結論を書くと、夏凪渚は復活します。

夏凪死亡から復活までの経緯を解説します。

復活したヘルがシードを封印

斎川唯を取り戻すため、君塚とシエスタはシードと対決。

激しい戦いが続く中で君塚は自分の最期を覚悟しますが、ここで死んだはずの夏凪渚の別人格・ヘルが登場し、君塚のピンチを救います。

シードは自分が分け与えた<種>に目覚めるよう号令をかけていました。

ヘルも自分の体の中にある<種>がシードの命令と共鳴し、再び覚醒したため、戦場に現れたのです。

またヘルに左胸には、発明家のスティーブン・ブルーフィールドによりアリシアの心臓が埋め込まれていたことも明らかになります。

最後はウロボロスに意識を乗っ取れらたシードをヘルが大樹に封印。

世界の危機がまた1つ去ったことになります。

シエスタが失踪(しっそう)

シエスタが何の前触れもなく君塚の前から姿を消します。

シエスタの心臓にはシードの<種>が宿っています。

ただしシードと完全に適合していないため、シエスタはいつか心臓にある<種>に体を蝕まれ、自我を失い、怪物のような姿になる可能性がありました。

シエスタは自分が怪物になる前に君塚たちの前から姿を消し、一人で死ぬつもりでいたのです。

夏凪が復活

再びシエスタを失った君塚は夏凪の病室へ。

眠っている夏凪に向かい、君塚は「シエスタに生きていてほしい」「シエスタを救ってほしい」と独り言を言います。

すると「探偵代行でいいなら引き受けてあげる」という懐かしい声が聞こえます。

脳死状態だった夏凪が目を覚ましたのです!

なぜ夏凪は目を覚ましたのか?

それではなぜ夏凪は生き返ったのでしょうか?

理由は2つあると考えられます。

  1. 発明家・スティーブン・ブルーフィールドにより、アリシアの心臓が移植されていたから
  2. 探偵としての矜持(きょうじ)を刺激されたから

1について、アリシアは6年前に死にましたが、シードの器候補だったため心臓は保存されていました。

アリシアの心臓をスティーブンが夏凪に移植したため、夏凪に生き返る可能性が生まれたのです。

2について、小さい頃から病気で何もできず、スペースの施設で過ごしてきた夏凪は、自分は何者でもないという意識を持っていました。

しかしある日探偵という役職を引き受けたことで、自分が歩く道を発見。

夏凪はシエスタの後を追い、時には違う道を選びながら、探偵としてのプライドを持って行動してきました。

一度は死んでしまいますが、君塚の「シエスタを救ってほしい」という依頼を受け、夏凪は探偵としての矜持を刺激されます。

そのため夏凪は脳死状態から目覚めたわけです。

まとめ

「たんもし」の夏凪渚の死亡や復活を解説しました。

  • 自分が死ぬことでシエスタを生き返らせる可能性を知った夏凪は、決死の覚悟でシードと戦い死亡
  • 夏凪から心臓を返してもらったシエスタは復活
  • いつかシードの<種>に乗っ取られ、怪物になる可能性があるシエスタは君塚たちの前から姿を消す
  • アリシアの心臓を移植され、探偵としての矜持(きょうじ)を刺激された夏凪は脳死状態から目覚める

夏凪が脳死状態から蘇生したことには、ご都合主義を感じざるを得ません。

それでも夏凪が生き返ったことで、新たな展開が見えていきました。

小説6巻以降が楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました