探偵はもう死んでいるのアリシアの正体とは?夏凪渚・ヘルとの関係から解説

探偵はもう死んでいる

「探偵はもう死んでいる(たんもし)」で、リンゴを買った君塚君彦が帰路を急いでいると、12~13歳に見えるかわいい女の子を発見。

人通りのない細い路地の打ち捨てられたダンボールの中に眠っていた女の子は、「アリシア」という名前以外に自分のことを覚えていませんでした。

巻き込まれ体質を持つ君塚はアリシアを連れて、シエスタが待つ家に帰ることに。

アリシアとは一体何者なのでしょうか?

今回はアリシアの正体を解説します。

 

「探偵はもう死んでいる」アリシアの正体をネタバレ解説

アリシアの正体をネタバレ解説

結論を書くと、アリシアとは本編開始の6年前にSPES(スペース)が運営する孤児院に実在した女の子です。

当時の年齢は12歳前後でしたが、6年前にすでに死亡しています。

そして君塚やシエスタの前に姿を現したアリシアの正体とは、夏凪渚がケルベロスの種を用いて無意識に身にまとった姿。

つまりロンドンに現れたアリシアとは、ケルベロスの種の能力により姿を変えた夏凪渚でした。

ここまでの説明ではわかりにくいので、本編開始6年前にさかのぼって解説します。

夏凪渚の過去

小さい頃から心臓が悪く、天涯孤独な境遇だった夏凪は、孤島にある孤児院で治療を受けながら生活していました。

ただし孤児院は一般的な施設ではなく、子どもたちを対象にした人体実験が行われていました。

目的はSPES(スペース)の親玉・シードの体に適合する人間を作るため。

 

地球の環境に適応できないシードは、子どもたちに投薬実験などを行い、自分が乗っ取るための体を作り出そうとしていました。

SPES(スペース)やシードについては以下の記事で詳しく解説しています。

アリシア・夏凪・シエスタは大の仲よし

やがて夏凪は同じ施設にいるアリシア、シエスタと友達になります。

アリシアとシエスタは爆弾を作ったり、立入禁止の夏凪の部屋に入り込んだり。

他の子どもたちがやらないことを平気でやる、変わったタイプの子どもでした。

 

やがて夏凪たちは孤児院の運営に疑問を持ち始めます。

外部から寄付金が十分集まっているにもかかわらず、子どもたちに投薬実験をして運営費を余分に稼いでいるからです。

施設に反抗しアリシア死亡

夏凪たちは施設に反旗を翻そうとしますが、シードに見つかり失敗。

シエスタと夏凪は記憶を消され、シードの<種>を埋め込まれたアリシアは死亡。

その後シエスタは施設を抜け出し、やがて調律者の一人である名探偵になります。

 

ではなぜ夏凪はアリシアの姿になってロンドンに現れたのでしょう?

アリシアと夏凪とヘルの関係を解説する中で明らかにしていきます。

「たんもし」アリシアと夏凪渚とヘルの関係を解説

ここではアリシア、夏凪渚、ヘルの関係を解説する中で、夏凪がアリシアの姿になった理由を明らかにします。

夏凪渚とヘルの関係

夏凪が自分の中に生み出したもう一人の人格

切り裂きジャック事件では、ヘルというコードネームを持つ少女が登場しますね

黒髪のショートカットと赤い瞳を持ち、シエスタと同じくらいの年齢のヘルはSPES(スペース)の最高幹部。

実はヘルとは夏凪渚が自分の中に生み出したもう一人の人格(裏人格)。

つまり夏凪は、ヘルという別の人格を持つ多重人格者なのです。

夏凪はSPES(スペース)の孤児院で人体実験を受けたり、友人のアリシアを目の前で殺されたりなどの体験をしていました。

辛いことから逃れるためにヘルを作り出す

施設での辛い体験を和らげるため、夏凪はヘルという別人格(裏人格)を作り出します。

ロンドンでシエスタと戦ったり、5件の殺人を犯すなど、好戦的なイメージの強いヘルですが、実は主人格である夏凪を守るために行動していたことが後に明らかになります。

 

ヘルはSPES内部で活躍・出世して、シードに認められることで、夏凪がシードに殺されないようにしていたのです。

ヘルは主人格を守っていた

なおシエスタとの戦闘で心臓にダメージを負ったヘル(=夏凪)は連続して5人を殺害。

被害者から次々と心臓を奪い、バッテリーのように消費していました。

そして6件目の事件を起こそうとした時にシエスタと君塚に見つかります。

ヘルが殺人を犯し心臓を奪っていたのも、主人格=夏凪の体を守るためでした。

アリシアと夏凪渚の関係

本編開始6年前、夏凪はSPESの施設でアリシアと出会っていたことはすでに説明しました。

アリシアと仲がよかった夏凪は、アリシアが目の前で殺されたことにショックを受けます。

またアリシアが死んだあと、施設での記憶を消されていました。

 

数年後、裏人格のヘルがロンドンでケルベロスを倒し、ケルベロスの左胸から種を奪います。

夏凪は無意識のうちにケルベロスの種を使い、アリシアの姿を身にまといます。

そして君塚の前に姿を現した記憶喪失の夏凪は、脳裏の片隅にあったアリシアという名前を騙った(かたった)のです。

 

結局は夏凪=アリシア=ヘルだったわけですが、話が入り組んでいてわかりにくいですね。

でもこのような複雑な設定があるので、読み応えのある作品になっていると感じます。

まとめ

「たんもし」のアリシアの正体について解説しました。

  • アリシアとは、SPES(スペース)の施設で夏凪渚やシエスタと友だちだった実在する女子
  • 君塚の前に現れたアリシアは、ケルベロスの種を使ったことで姿を変えた夏凪渚
  • 記憶喪失だった夏凪は、頭の片隅にあったアリシアの名前を騙った
  • ヘルとは夏凪が施設での辛い体験を軽減するために作り出したもう一人の人格(裏人格)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました