すずめの戸締まりダイジンがかわいい!白猫の3つの魅力と声優についても

すずめの戸締まり

映画「すずめの戸締まり」序盤、主人公の岩戸鈴芽(いわとすずめ)は、登校中にすれ違ったイケメン(宗像草太)が行ったと思われる廃墟へ。

そこで鈴芽が逆三角形の顔に細い目が付いた石像を引き抜くと、石像は四つ足の動物になって走り去ってしまいます。

その動物こそが白猫のダイジン。

ダイジンは気まぐれな行動で、鈴芽と草太を翻弄します。

今回はそんなダイジンの3つのかわいい魅力をまとめました!

ダイジンの声優を務めた山根あんさんについてもご紹介します。

 

「すずめの戸締まり」ダイジンがかわいい!白猫の3つの魅力まとめ

「すずめの戸締まり」を見た方の心を鷲づかみにするダイジン(笑。

ここではそんなダイジンの魅力を3つご紹介します!

気まぐれな性格のダイジンがかわいい

ダイジンと言えば気まぐれな性格ですよね。

猫は本来、単独行動をする動物。

神とはいえ、ダイジンも猫の姿をしていますから、性格は気まぐれで自由気まま。

 

鈴芽の部屋の窓のところに現れたダイジンは、「お前はじゃま」と言い、草太を椅子の姿にしてしまいます。

そして鈴芽の家を飛び出したダイジンは、一度はフェリーに乗り込んだかと思うと、別の船に飛び乗って愛媛県八幡浜港へ。

船に乗ったり、電車に乗車したり、駅の待合室でくつろいだりする白猫を、周りの人たちは写真に撮って、SNSにアップ。

そして「白いひげが昔の大臣みたいでかわいい!」「上向きカールのひげがマジで大臣」、という理由でダイジンと名付けられ、さらには「#ダイジンといっしょ」なるハッシュタグまで発生する始末。

その後も明石海峡を渡る様子がテレビで流されるなど、ダイジンの自由気ままな行動は続きます。

 

猫は本来、単独行動をする動物で、誰に気兼ねすることなく、自分のペースで振る舞います。

ダイジンも気まぐれな行動で鈴芽たちを翻弄(笑。

でも本当は、鈴芽たちを後ろ戸が開く場所に案内していたんですけどね。

気まぐれで、自由気ままな振る舞いをするダイジンが、何とも言えずかわいい!

喜怒哀楽が豊かなダイジンがかわいい

ダイジンは喜怒哀楽の表現がとっても豊か!

鈴芽の家に現れたときのダイジンはやせ細り、みすぼらしい外見の子猫でした。

でも鈴芽が「うちの子になる?」と聞くと、ダイジンの体は急にふっくらとして、表情もうれしそう!

また、出会った人たちから写真を撮られるときのダイジンは寛いでいるようにも、楽しんでいるようにも見えます。

 

反対に、皇居で鈴芽から「大っ嫌い!」と言われると、ダイジンの体はみるみるとしぼんでいき、ふっくらとしていた体はみすぼらしい老猫のようになってしまいます。

道の駅大谷海岸でサダイジンが環さんに乗り移ったときには、ダイジンは威嚇するような表情を見せていましたね。

 

無表情にも思える猫ですが、実は感情豊かな動物。

感情表現豊かなダイジンはとってもかわいいです!

鈴芽の子になりたかったダイジンが健気でかわいい

「うちの子になる?」と鈴芽に聞かれたダイジンは、うれしそうに「うん!」と返事。

鈴芽のことがよほど気に入ったんですね。

ダイジンは何年もの間、要石になっていたから、人恋しかったのかもしれませんし、自分を解放してくれた鈴芽に感謝する気持ちがあったのかもしれません。

いずれにしてもダイジンは鈴芽のことが好きになり、ずっといたいと思うようになります。

 

皇居上空から落ちるときと、常世に入って地面に落ちるときに、体を大きくして鈴芽を守るシーンは、ダイジンの鈴芽に対する気持ちがよく表れていましたね。

また、鈴芽が要石になった草太を引き抜こうとしたとき、ダイジンも小さい口を開けて椅子の脚をくわえて引っ張っていたときのダイジンも、健気でかわいかったです。

 

でも「鈴芽の子にはなれなかった」ダイジンは、また要石にならなければなりません。

「すずめのてで もとにもどして」と言って、要石になったダイジン。

そんなダイジンを見て、鈴芽も涙を流していました。

鈴芽の子になりたかったダイジンは、健気でかわいかったです。

ダイジンがかわいいというファンの声まとめ

最後にダイジンが「かわいい!」「好き」!というファンの声をまとめました。

映画を見た多くの方がダイジンに魅了されていますね!

 

ダイジンの声優・山根あんのプロフィール

「すずめの戸締まり」でダイジンの声優を務めたのが、映画公開時点で小学2年生の山根あんさん。

私も映画を見ましたが、ダイジンの声が小学生だったなんてわかりませんでした。

ダイジンの魅力を十分に引き出す、見事な演技でしたね。

ここではそんな山根あんさんのプロフィールをご紹介します。

山根あんのプロフィール

NHKアニバーサリーコンサートやスカパーの子ども向け番組「パニパニパイナ!2」に出演したり。

東北楽天ゴールデンイーグルスのホームゲームでダンスを披露したりなど、子役として積極的に活動する山根あんさん。

そんな山根あんさんは、ダイジン役が声優初挑戦だったとのこと。

これからのますますの活躍に期待したいですね!

ダイジンの声優を評価するTwitterの声

ここで山根あんさんの演技に対するTwitterの声をご紹介します。

「引き込まれた」「まさか子役がやっているとは」「うまかった」など、山根あんさんの演技には賞賛と驚きの声が多数寄せられていました!

 

まとめ

「すずめの戸締まり」のダイジンのかわいい魅力と、声優を務めた山根あんさんのプロフィールを解説しました。

ダイジンのかわいい魅力は

  • 気まぐれな性格のダイジンがかわいい
  • 喜怒哀楽が豊かなダイジンがかわいい
  • 鈴芽の子になりたかったダイジンが健気でかわいい

声優を務めた山根あんさんについては

  • 2014年7月生まれの8歳(小学2年生)で、テアトルアカデミー仙台校に所属している
  • 声優初挑戦だったが、その演技を高く評価する声が多い

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました