東京リベンジャーズ稀咲鉄太の死亡は何巻?死因や生き返る可能性についても

東京リベンジャーズ

今回は、東京リベンジャーズに登場する物語の重要人物・稀咲鉄太にフォーカスを当てます。

主人公・武道の宿敵として何度も立ちはだかるいわばラスボスのような存在です。

物語の重要組織「東京卍會」(通称:トーマン)を暴走族から凶悪犯罪組織に豹変させたのが稀咲鉄太。

しかし稀咲鉄太は過去にタイムリープした武道の前でトラックに轢かれてしまいます。

今回はその稀咲鉄太の死亡は何巻に収録されているのか?

また東京リベンジャーズではタイムリープなどあり得ないことが起きているので稀咲鉄太が生きているという可能性についても考察していきます。

 

「東京リベンジャーズ(東リベ)」稀咲鉄太の基本情報

稀咲鉄太のプロフィール

  • 本名:稀咲鉄太(きさきてった)
  • 身長:164cm
  • 体重:58kg
  • 誕生日:1992年1月20日
  • 血液型:A型

稀咲鉄太は現代の東京卍會が凶悪犯罪組織になった元凶。

元愛美愛主(メビウス)の幹部でその後東京卍會の参番隊に所属し、関東事変で対戦する暴走族「天竺」でも総参謀として暗躍し、常に裏で操っている存在なのです。

頭脳明晰で常にタケミチの前に立ちはだかる存在。

タケミチが好意を寄せているヒナ(橘日向)や親友のアッくん(千堂敦)の死亡やマイキーの親友であり東京卍會創設メンバーのバジの死亡も稀咲の手によるものでした。

今回は稀咲の死について解説していきます。

 

「東京リベンジャーズ」稀咲鉄太の死亡は何巻何話で死因は?

稀咲鉄太が死亡したのは21巻185話。

愛美愛主(メビウス)から東京卍會の参番隊隊長となった稀咲ですがマイキーによって除名となりました。

その後天竺という組織に入るのですがそこでいったい何が起きたのでしょうか。

そして稀咲の死亡した原因はどのように描かれているのか見ていきましょう。

稀咲の死亡は21巻185話

佐野万次郎(マイキー)率いる「東京卍會」と黒川イザナ率いる「天竺」による抗争(通称:関東事変)が終わり、武道と竜宮寺堅(ドラケン)は逃げる稀咲鉄太を追い詰めます。

そこで稀咲鉄太が武道に何かを話そうとしたときにトラックに轢かれてしまいます。

トラックにはねられて死亡

稀咲は横断歩道の真ん中に立っており、横からきたトラックによってはねられ、死亡します。

関東事変が終わったのが夜ですから見えづらい道路の真ん中に立っていても運転手は気づかないでしょう。

はねられたあとは腕が完全に折れており、頭からは大量出血。

最後は「死にたくねえ」と言葉を残し、あっけなく死亡してしまいました。

稀咲鉄太の死因や死亡するまでの経緯を解説

陰でマイキーを操り暗躍していた稀咲。

彼の死因や死亡するまでの経緯を解説していきます。

黒川イザナに近づき天竺に加入

東京卍會にて裏切りが発覚した稀咲はマイキーによって追放されます。

その後、「天竺」という暴走族に加入していることがわかります(14巻121話)。

この組織はタケミチがタイムリープを始める前の過去にはなかった組織。

武道によって計画を阻止されたことによって、変わった過去で作られたことになります。

マイキーに人生を変えられたと恨みをもつ黒川イザナとマイキーを利用して極悪組織を作りたいという稀咲の利害関係が一致することによって結成されました。

関東事変直前に佐野エマを襲撃

関東事変当日はマイキーの兄である黒龍(ブラックドラゴン)創設者である佐野真一郎の命日。

エマはマイキーとともにお墓参りに行っていました。

そのタイミングを狙った稀咲と半間はバイクで突如現れ、バットでエマの頭を強打しました。

その理由はマイキーの愛するものを殺害すること。

これまでもマイキーを手に入れるためにマイキーにとって大切な人を奪おうとしていました。

しかし、間一髪でいつも武道に阻止されるので今回はなんとしてでも成功させなければという思いが強かったのかもしれません。

頭を強く打ったエマは病院に搬送されるも死亡してしまいます(17巻146話)。

関東事変終盤に半間修二と逃亡

エマを失くしたマイキーですがなんとか心を落ち着かせ、天竺との戦いに参戦します。

最後は総長の一騎討ちとなりますが、結果マイキーの勝利。

しかし、絶対に負けられないイザナは拳銃を使いマイキーを殺害しようと試みます。

そこでイザナと幼少期を一緒に過ごした仲で武道の幼馴染である鶴蝶(カクチョー)が止めます。

それを許さなかった稀咲が鶴蝶を銃で撃ち抜いてしまう。

さらに3発銃を打ち込むも、イザナがそれを庇い死亡することで関東事変は決着。

天竺が敗れ、追い詰められた稀咲は半間と共にバイクで逃走することになりました。

 

タケミチに追い詰められる

逃走した稀咲と半間ですがそれを追いかけた武道とドラケンが追い詰めます。

何度も立ちはだかる稀咲とタイマン勝負へ持ち込むことに。

殴り合いをするなかで稀咲が画策していた計画やヒナ(橘日向)にフラれたことによる腹いせと執着心から何度も殺されていたことが明かされます。

覚悟を決めて全てを終わらせようとした武道でしたが稀咲が隙を見つけ逃亡。

トラックにひかれて最期を迎える

再び逃亡を試みる稀咲でしたが逃げ切ることができず、横断歩道で立ち止まり武道に話をします。

「俺がタイムリーパーだと思ってんの。俺は・・・」

稀咲が自身の正体を話そうとした瞬間、トラックが横から猛スピードで衝突し、稀咲は吹き飛ばされてしまいます。

 

全身の骨が折れ、頭から血を流しながらも即死ではなかったようで何か喋ろうとするも満身創痍の状態。

起きあがろうとするも重症であることは明白で次第に呼吸も弱くなっていきます。

そして「死にたくねえ」と言葉を漏らし息を引き取ります。

天竺との抗争が終わり、物語の真相が明らかになるかと思われた中での事故であったため謎はより一層深まることに。

稀咲鉄太が生き返る可能性を考察

稀咲鉄太が生き返る可能性を考察をしていきます。

考えられる方法としては以下の通りです。

  • 稀咲が死んだ日よりも前にタイムリープをする
  • 稀咲が死亡することによって武道と同じようにタイムリープの力に目覚める
  • 武道以外の誰かがタイムリープの力を持っていて過去に戻り稀咲を助ける

いずれの方法もなくはないですが世界線が変わってしまったり、物語が破綻してしまうので可能性は低い。

復活の可能性は極めて低いと考察

稀咲鉄太が復活する可能性は、結論からいうと極めて低いと考えています。

これまで現代で死亡したドラケンや武道の親友アッくん(千堂敦)はタイムリープにて過去が変わることで生き返ってはいますが過去で死亡した人物は生き返っていません。

仮に死亡した日よりも過去に戻ることが可能ならば生き返る可能性はありそうですがナオト(橘直人)と握手した際のタイムリープは12年と決まっていますので稀咲鉄太が生き返る可能性は極めて低いと言えるでしょう。

生きてる可能性もほぼない

生きてる可能性はほぼないでしょう。

トラックに轢かれて身体は普通でない方向に曲がっていますし血も大量に出ています。

これで生き返ってしまえば人間とは言えないでしょう。

現実味がなさすぎるので、死亡していると考えるべきではないでしょうか。

追記:稀咲は最終回直前で復活する

死亡して、復活の見込みがなかった稀咲ですが、漫画の最終回直前で復活します。

タケミチとマイキーが1998年にタイムリープして、自分たちの過去にリベンジすることに成功したからです。

タケミチは、元々の東京卍會創設メンバーに加えて、稀咲を一員として加えることを提案。

三途春千代もメンバーに加わり、合計9人で東京卍會が発足します。

その後、東京卍會は全国制覇を果たした後に解散しますが、稀咲は参謀としてチームを支えます。

どうやら最後はいいヤツで終わったようですね。

 

まとめ

  • 稀咲鉄太は物語の重要組織「東京卍會」(通称:トーマン)を暴走族から凶悪犯罪組織に豹変させた
  • 関東事変直前はマイキーの妹・エマをバットで殴り殺害
  • 半間と共に逃亡を試みるも武道に追い詰められる
  • 関東事変直後にトラックに轢かれて死亡
  • 稀咲鉄太が復活する可能性は極めて低い
  • タケミチがタイムリープする世界線では復活しないが、タケミチとマイキーがタイムリープする世界線で、稀咲は復活する

稀咲鉄太は物語の序盤から登場しており、東京卍會やマイキー、そして武道とも非常に深いつながりがあることから真相が明かされると考えられていましたが、突如として彼の人生は終わりを迎えます。

生き返る可能性は低いと見ていいでしょう。

でも新たな世界線で復活したのはよかったですね。

以上、稀咲鉄太について死亡理由と巻数を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました