東京リベンジャーズ河田ソウヤの覚醒後の強さは?アングリーの未来についても

東京リベンジャーズ

「東京リベンジャーズ」に登場するキャラクターである河田ソウヤ。

東京卍會肆番隊副隊長を務めていて、兄の河田ナホヤは隊長を務めています。

そんなソウヤは覚醒したら、途轍もなく強くなると噂されているのです。

更にソウヤがどんな未来を歩む事になるのか、気になる人は多い筈。

この記事ではソウヤの覚醒後の強さ、未来について注目していきます。

 

「東京リベンジャーズ(東リベ)」河田ソウヤの基本情報

河田ソウヤのプロフィール

  • 名前:河田ソウヤ
  • 通称:アングリー
  • 所属:双悪→東京卍會肆番隊副隊長
  • 身長:170cm(髪のボリューム込み)
  • 体重:58kg
  • 誕生日:1989年5月25日
  • 星座:ふたご座
  • 血液型:B型
  • イメージカラー:水色
  • 好きなもの:ぬいぐるみ(一番のお気に入りはチンアナゴのスムージーくん)
  • 嫌いなもの:暴力
  • 特技:無し
  • 尊敬する人、憧れの先輩:兄ちゃん
  • 苦手な人、怖い人:モッチー
  • 夢:兄ちゃんを悪の道に進ませないこと

アングリーこと河田ソウヤは兄とは違い、争いごとを嫌う性格をしています。

表情はキレていますが、本当に優しい性格の持ち主。

喧嘩は余り好きではありませんが、主人公の花垣武道と同じように弱い相手じゃなく強い敵に立ち向かう気概を持っています。

河田ナホヤの双子の弟

ソウヤはナホヤ(スマイリー)の双子の弟です。

2人を知っている者達は表情と言動等から気づけることが可能ですが、見知らぬ人は見間違いを起こします。

実際、タケミチはソウヤを見て、ナホヤと勘違いをしました。

まさしく双子と言ったところです。

 

なお兄のナホヤの強さやバイクについては、以下の記事で詳しく解説しています。

「ブチギレ顔の天使の心」の通り優しい心の持ち主

ソウヤはブチギレ顔の天使の心と言われているように、優しい性格をしています。

初登場した時、ソウヤは負傷したタクヤを連れてきて、タケミチに病院へ連れていくように言っていました。

他の皆にも病院へ行くように忠告。

本当に優しい事を述べていますが言っている事と表情が逆なので、普通だったら困惑します。

実際、タケミチも困惑していました。

 

河田ソウヤ(アングリー)の覚醒後の強さを解説

次はソウヤの覚醒後の強さについて考察していきます。

覚醒という言葉を使っている事から、相当強いのだと予想出来ますね。

一体どのくらい強いのか、気になるところ。

それでは覚醒したソウヤは本当に強いのかどうか、解説していきますね。

覚醒前は灰谷竜胆に完敗

ソウヤは覚醒する前、天竺と言う暴走族と戦い、天竺に属している灰谷兄弟の弟の方である灰谷竜胆(はいたいりんどう)に敗北。

ソウヤは柴八戒(しばはっかい)と共に灰谷兄弟と戦っていましたが、竜胆によって右腕を折られてしまいます。

しかも八戒との相性も良くなかった事から、竜胆と兄の灰谷蘭にやられるのです。

更に竜胆によって左足を折られてしまい、戦闘不能に。

泣くと青鬼に覚醒

ソウヤは泣くと青鬼へと覚醒を遂げます。

ソウヤを戦闘不能にした竜胆は蘭と共に八戒を痛ぶりました。

竜胆が八戒を抑えつけ、蘭は警棒で顔を殴打。

この光景を見る事しか出来ないソウヤは泣いて辞めるように言うも、灰谷兄弟は辞めませんでした。

そんな中、何かがキレた音がすると共に泣き出してしまうソウヤ。

ソウヤは普段は優しいから本気で戦えないが、泣いてしまったら青鬼へと覚醒したのです。

小学生時代、ナホヤが中学生達にやられてるのを見て、涙を流した事で覚醒してナホヤ以外を病院送り。

そんなソウヤの暴れっぷりを見ていたナホヤはもう泣かないように忠告しました。

しかも覚醒したソウヤはナホヤの100倍強いのです。

覚醒後は灰谷竜胆を瞬殺

覚醒したソウヤは竜胆をあっさりと倒しました。

ソウヤは片腕片足を折られていましたが、何事もなかったかのように前進。

竜胆はさっさと勝負を決めようと向かっていき、タックルを繰り出すもソウヤは動じません。

そしてソウヤは昔中学生達を病院送りにした時の事を語ると、竜胆に左ストレートを叩き込み、撃破します。

灰谷蘭・望月莞爾も瞬殺

竜胆を撃破したソウヤは蘭や望月莞爾(もちづきかんじ)も立て続けに撃破しました。

蘭は竜胆を倒したソウヤを完全に見失い、ソウヤは背後に回って捻じ伏せたのです。

千冬と戦っていた望月は一度自分が負かしたソウヤに負けた事に驚愕します。

そしてソウヤに接近するも、顔面に拳を叩き込まれてノックアウト。

更に向かってきたムーチョはソウヤに一本背負いされるも、体勢を立て直されて逆に捻じ伏せられました。

しかし鶴蝶には敵わず

灰谷兄弟、望月、ムーチョを粉砕したソウヤですが、鶴蝶(かくちょう)には勝てませんでした。

たった1人で天竺の主力を捻じ伏せたソウヤ。

ムーチョは何とか立ち上がると短刀でソウヤを刺そうとするも、鶴蝶に止められて殴られて気絶します。

ムーチョに代わって鶴蝶がソウヤに向かっていき、拳を振るいました。

ソウヤは動きが読めていましたが、鶴蝶は予測を遥かに上回るスピードの拳をソウヤに叩き込み、撃破。

その後は特に出番はありませんでした。

アングリーの未来(現代)を解説

次はソウヤの未来を解説していきます。

現代では特に姿を見せなかったソウヤ。

276話におけるナホヤの未来について解説していきますね。

ナホヤ(スマイリー)とラーメン屋を経営

ソウヤはナホヤと共にラーメン屋を経営しています。

ソウヤが作るラーメンは黒とんこつですが、辛くない優しい味をしているのです。

関東事変より以前の現代ではソウヤは登場しませんでしたが、恐らく東卍を脱退。

ソウヤはナホヤが悪の道に進む事を阻止する事を夢にしていて、現代の東卍は色んな悪事をしている極悪集団です。

ソウヤはナホヤを説得していたのでしょうが、ナホヤは悪の道を進んだので決別したのでしょう。

関東事変後はラーメン屋を営んでいる事から、夢が叶ったと言えます。

まとめ

アングリーことソウヤについて解説してきました。

  • ソウヤは双悪に所属していて、現在は東卍肆番隊副隊長
  • ソウヤは優しい性格をしていて本気で殴れないが、泣いて覚醒したら強敵を一撃で撃破できる
  • ソウヤは未来ではナホヤと共にラーメン屋を営んでいる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました