シャドーハウス・ローズマリーのすす病事件の真相は?その後死亡か生きてるかについても

シャドーハウス

「シャドーハウス」に登場するローズマリー。

マリーローズの生き人形です。

エミリコが最初に配属された班の班長のローズマリーは、エミリコにとってとても頼りになるお姉さん。

そんなローズマリーは作中ですす病(すすやまい)にかかってしまいます。

また2回目の亡霊騒動では体に大量の”こびりつき”がくっついてしまいます。

今回はローズマリーが被害を受けた2回の亡霊騒動の真相を解説します。

またマリーローズとローズマリーがシャドーハウスから脱出したその後についても考察します。

マリーローズ&ローズマリーは死亡したのでしょうか?

 

「シャドーハウス」ローズマリーのすす病事件の真相を解説

ローズマリーのプロフィール

ローズマリーはマリーローズの生き人形。

エミリコが所属するローズマリー班の班長を務めています。

こどもたちの棟の最年長で、やさしい雰囲気を持つ女性。

主人であるマリーローズはバーバラと同期で、宝塚の男役のような振る舞いや言葉づかいが特徴。

そんなマリーローズに対してマリーローズはダンスで男性のステップを踏むなど、常に女性としての役割を演じています。

ローブ様の正体はマリーローズ

「シャドーハウス」マンガ14話(アニメ3話)で、亡霊騒ぎが起こります。

エミリコの活躍により亡霊は姿を消しますが、エミリコ、ショーン、ラムの3人が原因究明のために夜の見回りを命じられます。

そして見回りの最中にエミリコたちが出会ったのがローブをまとった”ローブ様”。

ローズ様の正体は不明でしたが、マンガ68話でマリーローズだったことが判明します。

ケイトたちの推理が的中

2回目の亡霊騒動後、バーバラに責任を問われたケイトたち同期4組は、亡霊騒ぎの犯人を探し始めます。

すす量、同期一覧などの情報から、最初はサラとダグラスの共犯であると推理。

しかしローブ様の香りから消去法で候補を絞ると、ローブ様の正体はマリーローズだと目星をつけます。

 

そして第68話、「初めて会った場所、その時刻に会おう」というメモを頼りにケイトたちが約束の場所に行くと、そこにはローブ様の姿が。

ケイトに問い詰められたローブ様は、自分がローズマリーであることを認めます。

亡霊騒ぎを起こしたのもマリーローズ

シャドーハウスで2回の亡霊騒ぎが起こります。

1回目はローズマリーがすす病に。

2回目はローズマリーの体に大量のこびりつきがくっつきます。

実は亡霊騒ぎを起こしたのもマリーローズ。

もちろんローズマリーも事件に関わっています。

マリーローズの目的

ローブ様に扮し、亡霊騒ぎを2回も起こしたマリーローズの目的は、シャドーハウスから逃げ出して、ローズマリーと生きること。

マリーローズにとって、生き人形であるローズマリーは大切な存在。

しかしローズマリーと一体化すると、ローズマリーの体と顔を奪うことになります。

人間の意識を奪う一体化に反対の立場を取るマリーローズは、自分たちの一体化を遅らせるために亡霊騒動を起こしたのです。

また、すす能力を使い双子のベルに「おじい様のすす入り珈琲」を割らせたのもマリーローズでした。

 

なおローブ様の正体については以下の記事でさらに詳しく解説しています。

格闘の末に捕獲される

マリーローズ&ローズマリーはケイトやジョンと戦い、ケイトたちを圧倒。

しかし、最後はエミリコとショーンの機転を利かせた行動とジョンパンチの前に敗北。

捕獲されたマリーローズ&ローズマリーは星付きに引き渡されます。

マリーローズ&ローズマリーはその後生きてるのが死亡か?

エドワードに引き渡されるも脱走

捕獲されたマリーローズ&ローズマリーは、反乱分子としてエドワードに引き渡されます。

こどもたちの棟からおじい様と共にある棟へ行く”栄光の廊下”を歩いている最中、巨大な亡霊が突然現れ、エドワードを拘束。

亡霊はマリーローズが用意していたものでした。

ここでエドワードは持ち前のすす能力を使い、マリーローズ&ローズマリーの動きを封じます。

抵抗もここまで!?と思われた瞬間、「一体化するくらいなら」と叫ぶと、マリーローズ&ローズマリーは廊下から崖の下にダイブ!

事件はおじい様と共にある棟側で起こったため、エドワードが事件の責任を負うことになります。

マリーローズ&ローズマリーは死亡それとも生きてる?

通常であれば、栄光の廊下から崖に身を投げたマリーローズ&ローズマリーは死亡するはず。

ですが、ケイトの提案を受けたマリーローズは助かる準備をしていました。

マリーローズは、他人のすすを使いこびりつきや亡霊を作り出す能力を使い、高所から飛び降りても大丈夫なように、巨大な亡霊を用意してたのです。

うまい具合に亡霊がマリーローズ&ローズマリーを受け止めれば、命は助かるはず。

ただし単行本10巻終了時点では、マリーローズ&ローズマリーの生死は不明。

 

個人的にはマリーローズ&ローズマリーは死亡せずに生きており、ケイトやエミリコが苦境にあるときに登場するのでは!?と考えています。

事件は都合よく処理される

なおマリーローズ&ローズマリーの脱走事件は、エドワードにより以下のように処理されます。

  • 子どもたちへの説明:マリーローズ&ローズマリーはお呼ばれされて大人になった
  • おじい様と共にある棟の三階の住人への説明:マリーローズ&ローズマリーは一体化に失敗した

栄光の廊下は破壊されたものの、このように事件を処理すれば、エドワードが責任を追求されることはありません。

抜け目のないエドワードらしいやり方ですね(笑。

まとめ

  • 2回の亡霊騒動を起こしたのはローズマリーの主であるマリーローズ
  • ローズマリーも共犯
  • ローブ様の正体はローブまりー
  • ローズマリーは一体化を遅らせるために、亡霊騒動を起こした
  • 反乱分子としてエドワードに引き渡されたマリーローズ&ローズマリーは、栄光の廊下からがけに飛び降り逃亡
  • 生死は不明だが、エミリコたちがピンチのときに現れるのではないか

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました