「東京リベンジャーズ」明石武臣の正体は?梵天と梵(ブラフマン)の関係についても

東京リベンジャーズ

「東京リベンジャーズ」204話、マイキー(佐野万次郎)と握手をしたタケミチ(花垣武道)は10年前の2008年にタイムリープ。

するとその世界では

  • 佐野万次郎が総長を務める関東卍會
  • 瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)が首領を務める梵(ブラフマン)
  • 寺野南が総代を務める六波羅単代(ろくはらたんだい)

以上の3チームがしのぎを削る”三天時代”を作っていました。

今回は梵(ブラフマン)でNo.2の座に君臨する明石武臣(あかしたけおみ)に注目します。

明石の正体を考察します。

また明石武臣と言えば2018年の梵天で相談役に就任していますね。

そこで2018年の梵天と2008年の梵(ブラフマン)との関係についても考察します。

 

「東京リベンジャーズ」明石武臣(あかしたけおみ)の正体を考察

明石武臣とは一体何者なのでしょう?

これまでの役職を振り返った上で、最後に正体を考察します。

2018年は梵天相談役

明石武臣の作品初登場はマンガ194話。

タケミチが9回目のタイムリームから2018年に戻り、自宅でテレビを見ていると、都内で起きた梵天の抗争のニュースが流れます。

番組が独自に入手した映像の中に、明石の姿がチラッと写っていました。

続く196話、明石武臣の名前が初めて明らかになります。

2018年の梵天は日本最大の犯罪組織で、賭博・詐欺・売春・殺人など、あらゆる犯罪の裏には梵天がいると言われるほど。

警察でも実態を把握できていないとのことでした。

梵天の主要メンバーは以下の通りで、明石は「梵天」の相談役を務めていますね。

  • 首領:佐野万次郎
  • No.2:三途春千代
  • No.3:鶴蝶
  • 幹部:望月莞爾
  • 幹部:灰谷蘭
  • 幹部:灰谷竜胆
  • 幹部:九井一
  • 相談役:明司武臣

2008年は梵(ブラフマン)No.2

タケミチがマイキーと握手をして2008年にタイムリープすると、そこでは関東卍會、六波羅単代(ろくはらたんだい)、梵(ブラフマン)がしのぎを削っていました。

明石武臣は梵(ブラフマン)で瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)に次ぐ№2の座についていました。

 

明石は212話に登場すると、タケミチを梵(ブラフマン)にスカウトしていました。

初代黒龍(ブラックドラゴン)副総長

211話で意外な事実が明らかになります。

明石武臣は初代黒龍(ブラックドラゴン)の副総長を務めていたのです。

ということは、明石は初代黒龍の総長・佐野真一郎の側近であり、真一郎を支えていた人物ということになります。

 

黒龍は8代目総長の時代までは真一郎の意志を引き継いでいましたが、8代目の黒川イザナのときから殺人・強姦・賭博などに手を染める極悪集団になります。

明石も当初は真一郎に賛同していたと思われますが、どこかの時点で考えが変わったものと考えられます。

明石武臣の正体を考察

マンガ212話までで、明石武臣の正体ははっきりとはわかっていません。

でもわずかですが情報があるので、そこから明石に迫ると、

  • 明石は黒龍設立当時に4歳だったマイキーを知っていると思われる(黒龍設立は1995年2月22日)
  • 明石は年齢不詳だが、マイキーより少なくとも10歳は年上だと考えられる
  • 1995年頃は極悪集団に身を置くような存在ではなかった

気になるのは明石がどの時点で考えを変えて、極悪の道を進むようになったかです。

考えが変わったきっかけ(事件?)は何だったのでしょうか?

ただし明石の経歴が不明なので、ナゾは残ったまま。

 

もしかすると明石がマイキーの闇堕ちに関わっている可能性があります。

「東京リベンジャーズ」最終章では、明石武臣がカギを握っているかもしれませんね。

2008年の梵(ブラフマン)と2018年の梵天の関係を考察

2008年の梵(ブラフマン)と2018年の梵天は「梵」の字が共通していますね。

梵(ブラフマン)と梵天にはどんな関係があるのでしょうか?

梵(ブラフマン)と梵天の関係を考察

梵(ブラフマン)と梵天の間に関係があるかどうかは不明です。

2018年の梵天は、梵(ブラフマン)よりも六波羅単代(ろくはらたんだい)と関係が深いように感じます。

梵天と六波羅単代は以下のメンバーが共通しているからです。

  • 鶴蝶
  • 望月莞爾
  • 灰谷蘭
  • 灰谷竜胆
  • 明石武臣

ただ、2008年の梵(ブラフマン)、六波羅単代(ろくはらたんだい)、関東卍會が勢力争いする中で死亡者や脱落者が出て、残ったメンバーがマイキーを担ぎ上げて梵天につながった可能性が考えられます。

”梵天”という組織名になった理由は不明ですが。

最終章での三つ巴の争いには今後も注目している必要がありますね。

まとめ

  • 明石武臣の経歴は初代黒龍(ブラックドラゴン)副総長→梵(ブラフマン)No.2→梵天相談役
  • 明石は幼少期のマイキーを知っていた可能性が高い
  • 明石は最初は佐野真一郎の志に賛同していたが、後に考えを変えた可能性がある
  • 2008年の梵と2018年の梵天の関係は不明だが、三天が争う中で梵天に収束した可能性がある

最終章に入ってもナゾが多い「東京リベンジャーズ」はおもしろいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました