ドラマ、映画、アニメ、読書、雑学など徒然なるままに綴っています。

ダーウィンズゲームの強さランキングベスト30!シギル・能力を考慮してランク付け

2019/11/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「ダーウィンズゲーム」18巻までに登場するプレーヤーの強さランキングを作りました!

シギル、能力、性格など考慮し、総合的な強さでベスト30を選んでいます。

異論は認めます(笑。

30位から順にご紹介していきます。

なおランキング番外編も用意しています。

まだマンガを読んでいない方にはネタバレがあるのでご注意ください!

 

ダーウィンズゲーム強さランキング!シギル・能力を考慮しランク付け

強さランキング30位~21位

30位 オウム

30位は圏外村でリュージ、レイン、タゴナカ、スイ、ナユタらを苦しめたオウム。

エイスのメンバー・クロスがもともと飼っていたオウムで、クロスがリュージに殺されたことで親戚の老人に預けられ圏外村に来ました。

シギルは土を自由に操ること。

クロスをモデルにした土人形を3体作り、銃で小石を発射する攻撃力はサンセットレイベンズのメンバーたちを苦しめました。

車のタイヤをパンクさせ、村の外に相手を逃げさせないほどの知能も持ち合わせていることもあり、30位にランクインさせました。

土砂崩れさえ起こす能力もあるのですから、オウムと言えどもばかにできません!

ただ籠に飼われているので行動の自由が効きません。

そのためスイにその存在を見つけられやられたしまったのでこの順位にしました。

29位 レッドバイパー(天笠)

レッドバイパー(天笠)はヒイラギスズネの主治医です。

天笠は人を殺すのが好きで、ダーウィンズゲームに関心を持った患者のヒイラギスズネをゲームに誘い殺そうとしました。

シギルは万能薬(アスクレピオス)

自分を起点に30cm以内にしか生み出せないという制限はありますが、様々な化学物質を自在に作れる能力があります。

催涙ガス、毒薬、興奮剤など攻撃にも防御にも物資を作り出せます。

使いようによってはかなりの武器になりますが、スズネに加勢したリュージにあっさり負けてしまいました。

28位 タゴナカ(田護中幸正)

タゴナカは浦賀署の巡査部長(刑事)です。

同僚と人型器物損壊事件を調査中にダーウィンズゲームについて耳にします。

ダーウィンズゲームには渋谷の宝探しから参加しました。

シギルは番犬(ウォッチドッグ)。

以前飼っていた愛犬タロウを呼び出すことができます。

こんな能力役に立つの?と最初は思いましたが、これがなかなか重宝します。

タロウが敵の存在を教えてくれたり、相手に見えない状態で攻撃してくれるからです。

イベント参加は1回だけですし、自らバトルを仕掛けたりバトルに巻き込まれたりすることはないので、実戦のシーンは少ないです。

それでも刑事であることを考慮してランクインさせました。

27位 パンダ君

カナメがダーウィンズゲームに参加して最初に戦ったのがパンダくんでした。

シギルは隠形(ステルス)。

体を透明にすることで相手に奇襲をかけることができます。

正体はカナメの友だち・キョウダの担任の加藤でした。

キャバクラに通うお金を稼ぐ目的でダーウィンズゲームで新人刈りをしていたという、しょうもないキャラです。

速く動くと背景から浮いてしまい相手に見破られたり、この格好をしていないとシギルが使えなかったりと弱点はあります。

ただ透明になるシギルを活かしきればそこそこ強いのでは、と思いこの順位にしました。

26位 シゲオ

学校の番長・オオサコにそそのかされてダーウィンズゲームを始めたシゲオ。

最初はオオサコにいじめられていましたが、久しぶりに登校したカナメからのアドバイスをもとに覚醒し、海賊王のイベントでオオサコを殺害してしまいます。

シギルは触れた物を回転させる渦動輪の王(ザ・スピナー)。

相手の頭を回転させて首を折ったり、回し蹴りを放ったりできるシギルです。

銃器を持つ相手にどれほど通用するかわかりませんが、素手同士だったらそこそこ戦えると思い、この順位にしました。

25位 スズネ

25位は「花屋」ヒイラギイチロウの娘・スズネ。

主治医の天笠に騙されダーウィンズゲームに参加させられますが、意外な強さを発揮します。

シギル名はわかりませんが、両手が獣のようになり相手を攻撃したり、額から生えた角で相手の位置を突き止めたりできます。

力もかなり強いです。

12歳という年齢、そしてダンジョウ拳闘倶楽部で鍛えられていることを考えると、今後ますます強さに磨きがかかると思われます。

関連記事
 

24位 レイン

本名は柏木鈴音(カシワギ レイン)。

シギルはラプラス(世界関数)。

ラプラスは全ての動きを予想する情報処理系の能力で、近い未来を予想することができます。

レインはこの能力を逃げに使ったり、射撃のときに使ったりしています。

スナイパーとして能力は非常に高いです。

ただ接近戦には強さを見せていないため、この順位です。

情報収集や分析力に優れ、サンセットレーベンズの頭脳とも言える存在です。

関連記事
 
 

23位 リュージ

シギルは嘘発見器(トゥルーオアライ)。

相手が嘘を言っているのか判断することができる能力です。

交渉時には力を発揮しますが、実戦向きのシギルではありません。

ただ機関銃を使った攻撃力は高いです。

身体的能力も高く、バトルの際はドクロのマスクと防弾の装備を身にまとい戦います。

22位 サイゴウタケシ

大阪で活動するクランのリーダーのサイゴウタケシが22位にランクイン。

シギルは騎士の栄光(ナイツオブラウンド)。

一度に多数の武器を扱うことができる能力です。

カナメが相互不可侵協力の交渉に大阪に出向いた時、一度はその要求を断ります。

しかしカナメに簡単に制圧されたため要求を飲みました。

ハンティングゲームでは妹のアリサとともに参加し、カナメたちとともにカネヒラたちと戦いました。

多数の武器を扱えるならリュージよりは上という判断でこの順位にしました。

21位 イヌカイ

イヌカイはカナメより1年下の高校1年。

シギルは韋駄天足(スピードスター)。

自分の肉体の速度を上げることができます。

武器は持たず素手で戦うことを信条としてきました。

いつも活躍するカナメにコンプレックスを持っており、カナメを私闘を申し込みます。

しかしその場面を見つかり、所属していたダンジョウ拳闘倶楽部を破門されてしまいます。

その後サンセットレーベンズに加入してシュエランの特訓を受けます。

三節棍を用いた戦い方を身につけつつあるので、今後さらに強くなっていくことが予想されます。

強さランキング20位~11位

20位 ノリエ

意外に思ったかもしれませんが、くちなわ会所属のノリエを20位にしました。

くちなわ会の幹部クラスのシギルは念動系のもので、名前はわかりません。

念を送ると相手の体をひねり、殺害することができる能力です。

戦闘シーンが少ないのですが、相手に手を触れずに倒すことができることを考えると相当強いと考えられます。

ちなみにノリエは22位のサイゴウの元同級生です。

19位 スイ&ソータ

スイのシギルは枯れずの水瓶(ポルクスライト)。

水を自由に操ることができます。

スイの中に魂として宿るソータのシギルは開かずの氷室(カストルライト)。

氷を自在に操ることができます。

スイとソータが協力することで、高い攻撃力と防御力を発揮することができます。

閉鎖村でリュージを助けたり、オウムのシギルを見破ったりした時の活躍は見事でした。

弱点はスイの性格がおとなしいこと。

相手の血液を操り倒すこともできますが、よほどのことがない限りそこまでの力を出すことはあまりありません。

ただ今後成長するにつれ、考え方やシギルの使い方が変わってくるでしょう。

そうなったら大幅ランクアップも考えられます!

関連記事
 
 

18位 ケーイチ

エイスの主要メンバー・ケーイチのシギルは暴風拳(テンペスト)。

空気圧を拳に乗せて放ち、相手に強いダメージを与えることができます。

もともと空手の達人で、全国優勝も狙えるほどの実力者。

警察官数人をシギルで一度に吹き飛ばしたり、警察車両を叩き潰したりしたことがあります。

空気で足場を作り、空を飛ぶように歩くこともできるため機動力もあります。

17位 ヒイラギ

植物を自在に操るシギルを持っています。

植物で防御壁を作ったり、罠を張って相手を追い込んだりしますが、1対1で戦ってもかなりの強さを発揮します。

植物が持つ成分を利用し、他のプレーヤーの脳を操り兵隊として使うこともできます。

攻撃も守りも強いプレーヤーですが、植物のため炎の攻撃には弱いという弱点もあります。

関連記事
 
 

16位 シグ

エイスの中心メンバー・シグを16位にしました。

シギルは火身焦熱(アグニドライブ)。

体を燃焼させ、相手を火で攻撃します。

ヒイラギとの戦いでホテルが倒壊し死亡しました。

15位 王

王のシギルは虚空の王(ベルゼブブ)です。

空間を切断することで相手にダメージを与えることができます。

また瞬間移動(射程距離約10m)や相手と自分の位置の入れ替える(射程距離不明)能力もあるため、攻撃力はかなり高いと言えます。

ただサンセットレーベンズとの戦いでは、レインにシギルを解析され、シュカに手も足も出せず完敗してしまいました。

関連記事
 
 

14位 セイゲン

くちなわ会の教祖セイゲンが14位です。

念動系のシギルで相手をねじり殺す能力を持っています。

セイゲンは戦うシーンが少なく判断はむずかしいですが、信者たちとともにドウメを倒した場面を見ると、このくらいに実力はあると考えられます。

もう少し対戦シーンを見たら評価が上がる可能性は十分にあります。

13位 イノリ

イノリは日本ランキング7位の実力者。

通称はイノリンで、主人公のカナメ(17歳)と同じくらいの年齢だと思われます。

シギルは曖昧猫姫(チェシャキャット)。

物体を通り抜けさせることができる能力で、敵の体を通り抜け心臓をつかんで倒したり、武器による攻撃を受け流したりすることができます。

壁を通り抜ける能力もあります。

その実力はこの後でご紹介するシュエランでもダメージを与えられなかったほどです。

ただシギルをつかうと体力の消耗が激しいらしく、時間が長いイベントなどでは弱いという印象があるためこの順位にしました。

12位 ダンジョウ

ダンジョウ拳闘倶楽部のリーダー・ダンジョウが13位です。

シギルは金剛羅刹(ウォールアイアン)です。

自分の体をタングステン鋼よりも固くすることができる能力です。

日本ランキング4位のつわもので、1対1の勝負なら絶対の自信を持っています。

以前はマフィアの用心棒を務めていました。

11位 シュカ

シュカのシギルは荊棘の女王(クイーンオブソーン)。

主に鎖を使った攻撃をしますが、ひも状のものだったら素材に関わらず何でも扱えます。

鎖を使い移動したり、高いところに登ることも可能です。

自分で戦い方を身に着けた天才的プレーヤー。

エイスの王を倒したときは見事でした。

ただカネヒラと1対1の勝負になったら分が悪いと判断してこの順位にしました。

関連記事
 
 

強さランキング10位~1位

10位 カネヒラ

カネヒラのシギルは魔利支天(ハレーションゴースト)。

半径2km以内に実態のある自分の分身を作りだすことができます。

分身は攻撃を受けてもすぐに再生するので、相手にとってはやっかいです。

またカネヒラ自身が剣道の達人で、ハレーションゴーストと組み合わせるとかなり高い攻撃力を発揮します。

相手に本来のシギルを悟らせない強みも持ち合わせています。

関連記事
 
 

9位 カナメ

本編主人公のカナメが9位に。

シギルは火神槌(ヒノカグツチ)で、触ったことがあるものを生成(コピー)する能力です。

このシギル自体すごいものですが、士明(シーミン)との特訓でさらに磨かれ、精度の高い武器を作ることが可能になりました。

シュエランと稽古をつけてもらうことでも成長しており、ゲーム参加当時とくらべはるかに力をつけています。

カネヒラとの順位には迷いました。

ただ実戦での判断力や生存能力も高いこと、ダーウィンズゲーム運営者に特別視されていることを考慮してこの順位にしました。

関連記事
 
 

8位 ギョクトサクジ

ギョクトサクジのシギルは真なる奈落(タルタロス)。

手のひらから黒い物質を生成し、その物質に触れるとものが崩れてなくなってしまうという能力です。

海賊王のイベントに参加したとき、このシギルを使い、相手の銃や船の階段をなくしてしまいました。

最新の日本ランキングではカナメを抑え2位であることを考慮し、カナメより上の8位にしました。

ちなみにギョクトサクジは13位にランクインしたイノリといとこ同士。

2人はクランには所属していませんが、海賊王のイベントではともに行動していました。

7位 ロン

中国のランキング1位のロンタオが7位!!

ロンは15位にランクインした王の師匠です。

シギルは虚無の王(ヴォイドウォーカー)。

物質を瞬間移動させることができる能力のようですが、はっきりしたことはわかりません。

海賊王のイベントでは、自分が撃った拳銃の弾が相手の盾の前で消えて、その後盾の向こう側に現れる現象が描かれていました。

日本ランキング9位のキラービーを軽くやっつけた事を考えてこの順位にしました。

ただこの後ご紹介するエンリとの対戦で腕を落とされるなど、海兵側の主要メンバーと比べると力は及ばないと思われます。

6位 サイハ

海賊王のイベントで登場したサイハが6位です。

荒神「狼虎」というシギルを持ち、相手をパワーで叩き潰します。

イヌカイとのバトルでは三節棍による攻撃を受けましたが、あまり効いていない様子で、打たれ強さも持ち合わせています。

ただパワーに頼った攻撃のみなので、他の海兵隊メンバーよりバリエーションに劣るという印象があります。

5位 シュエラン

日本ランキングトップのシュエランを5位にしました!

シギルについてははっきりした情報がありません。

ただシギルを使わなくても、相手に死ぬ幻想を見せたり、トレーニングでカナメやイヌカイを子ども扱いしているところを見ると、さすが日本ランキング1位と言わざるを得ません。

バトルではまだ底を見せていない印象がありますが、上位のプレーヤーとは相性が悪いと思われるのでこの順位にしました。

4位 オボロ

謎の多いプレーヤー・オボロが4位です。

CIA捜査官エドワルドの銃弾を止めたことを考えると、シギルは念動系だと思われます。

ハンティングゲームでドウメだけでなくドウメの女王をいとも簡単に破ったことを考えてこの順位にしました。

ゲームマスターと連絡を取れるので運営側の人間だと思われますが、まだわからないことが多いです。

海賊王イベントに参加して、海賊側のキャラと戦うところが見られたら評価が変わっていたかもしれません。

3位 ウツロギ

海賊王イベントでカナメ・シュカと一戦交えたウツロギを3位にしました。

カナメの銃も剣もグレネードもことごとく防ぎ、かすり傷程度しか負わない防御力は相当のもの。

荒神「風蓑」というシギルで自分の身を守っているようです。

攻撃はほとんどしていませんが、カナメが分が悪いと感じたほど秘めた実力を持ったキャラです。

カナメとシュカをまとめて倒せる力があると感じました。

2位 エンリ

2位も海賊王イベントに登場したキャラ・エンリ。

登場シーンから度肝を抜かれました!

空から現れ、3枚の円形の盾のようなものと剣、機関銃などを自在に操り、米軍兵士を一蹴。

荒神「鉄鼠」を使えば攻撃も守備もバツグンの強さを発揮します。

海兵側のエースクラス・ロンとシュエランなら互角に戦えるかな、と期待してみていましたが、ダメージを与えることができない上にロンは腕を落とされてしまいました。

現時点でも全プレーヤー最高レベルの強さですが、年齢を考えるとこれからさらに強くなることが予想されます。

1位 コウウ

1位に選んだのは海賊王のイベントで登場した海賊側のリーダー・コウウ!

コウウはエンリ、ウツロギ、サイハなどめちゃくちゃ強いキャラがそろった海賊(異世界)側のリーダーです。

リーダーですから彼らより強いことは明らかです。

海兵側にコウウに勝てるキャラがいるとは思えません。

イベントの前、モクレンさんがカナメとシュカが船で何者かに殺られる予知夢を見ました。

その姿ははっきりとわかりませんでしたが、相手はコウウの可能性があります。

カナメたちが降伏したのは仕方がないと言えます。

どんなシギルや能力があるか不明ですが、総合的に考えるとコウウを1位にするのが妥当と考えています。

ダーウィンズゲーム強さランキング番外編!

ここまでダーウィンズゲームでバトルをしたことがあるプレーヤーのベスト30をご紹介しました。

ここではバトルシーンはないものの、いざ戦ったら強いと思われるプレーヤーを番外編としてご紹介します。

士明

士明(シーミン)は5位にランクインした劉雪蘭(リューシュエラン)の執事を務める人物です。

ダーウィンズゲームのプレーヤーなのかどうかもわかりませんし、バトルの場面を見たことはありません。

しかし中国から来たロンたちがサンセットレーベンズのアジトに忍び込もうとしたとき、突然現れ平然と追い払った様子を見ると、かなりの強さを持っていると予想できます。

年齢は60歳を超えていると思われ体力は落ちているはずですが、サンセットレーベンズのメンバーに稽古をつけるなどまだまだ元気。

実際に戦えばかなり上の方にランクすることが予想されます。

綾小路海斗

警視庁の警視・綾小路がバトルをした場面はマンガにはありません。

バトルをせずダーウィンズゲームの捜査に重点を置いている人物です。

綾小路のシギルは強制執行(ピースメーカー)。

目を合わせた相手の精神をコントロールできる能力です。

相手の記憶をなくしてしまうこともできるくらい強力なので、実戦に応用したらかなり有利に戦えそうです。

そもそも綾小路は警察官です。

何らかの格闘技はやっているでしょうし、戦ったら強いと期待させる独特の雰囲気を持っています。

というわけで期待を込めて番外編でご紹介しました。

カムラギ

海賊王のイベントで海賊(異世界)側として参加したメンバーの一人。

異世界側の中心メンバーなのでかなり強いことは想像できますが、バトルのシーンがほとんどないので番外編でご紹介します。

6位にランクインしたサイハに敬語を使っていたので、サイハより年下または階級が下と考えられる人物です。

海賊王のイベントではギョクトサクジを追いかけ、手から輻射熱の塊のようなものを出します。

この塊にギョクトサクジが身の危険を感じたほどですから、かなり強力であることが予想できます。

まともに戦ったら相当強いことが予想できます。

まとめ

30位 オウム
29位 レッドバイパー(天笠)
28位 タゴナカ
27位 パンダ君
26位 シゲオ
25位 スズネ
24位 レイン
23位 リュージ
22位 サイゴウタケシ
21位 イヌカイ
20位 ノリエ
19位 スイ&ソータ
18位 ケーイチ
17位 ヒイラギ
16位 シグ
 15位 王
14位 セイゲン
13位 イノリ
12位 ダンジョウ
11位 シュカ
10位 カネヒラ
9位 カナメ
8位 ギョクトサクジ
7位 ロン
6位 サイハ
5位 シュエラン
4位 オボロ
3位 ウツロギ
2位 エンリ
1位 コウウ

 

18巻までの登場人物とその戦い振りを見て、ランキングを作りましたがいかがでしたでしょうか。

海賊王のイベントで登場した敵側のキャラが上位を占めまししたが、これは納得せざるを得ないでしょう。

カナメとシュカ、シュエランとロンがそれぞれ組んで相手に挑んでもダメージを与えられず、カナメが降伏を宣言しましたから。

 

今回は戦っていないプレーヤーは省きましたが、士明や綾小路などが入ったらまた順位が変わる可能性があります。

またスイ、レイン、スズネなど若いキャラが成長すると順位を上げることも考えられます。

もう少し単行本の巻が進んだときにランキングを見直せればと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.