「ダーウィンズゲーム」ゲームマスターの正体と目的とは?アラバキや世界線Oについても考察

ダーウィンズゲーム

「ダーウィンズゲーム」の謎、それは

  • なぜダーウィンズゲームが行われているのか?
  • ゲームマスターの正体は?

この2点は作品の序盤ではずっと謎のままでしたが、単行本20巻を過ぎたあたりから次第に明らかになってきました。

そこでこの記事では「ダーウィンズゲーム」のゲームマスターの正体と目的を考察します。

アラバキや世界線Oの存在についても触れます。

なおこの記事は単行本22巻までの内容をもとにしています。

 

「ダーウィンズゲーム」ゲームマスターの正体を解説

ゲームマスターの正体は至道イザヤ

引用元:「ダーウィンズゲーム」21巻

「ダーウィンズゲーム」単行本21巻で、ゲームマスターの正体は至道イザヤであることが判明します。

至道イザヤは大手通信会社社長かつエンジェル投資家で、経済誌の表紙を飾るほどの財界の大物。

年齢ははっきりしませんが、その若々しい容姿から30歳前後と推測します。

至道イザヤは22巻game86でカナメにビデオメッセージを送りますが、これ以前にも何度も作中に登場していました。

至道イザヤの能力

至道イザヤは以下の能力を持っていると考えられます。

  • 自分および対象の人物をどこへでも転送できる
  • 世界線をまたいで転送することも可能
  • 転送時に現れる光の格子はシュカの全力の攻撃をも防ぐことができる
  • スマートフォンなどを通して人を操ることが可能

また能力とは異なりますが、ダーウィンズゲームのインターフェイスやアプリケーションを作ることもできます。

味方する人物がいる

オボロや田端シゲオなど、至道イザヤには自分に味方するプレーヤーがいます。

オボロやシゲオにはグリード退治をさせていましたし、オボロにはカナメをイベントで勝たせるためのサポートもさせていました。

またイエイリ(シロガネ教授)も至道イザヤに協力する人物だと考えられます。

イエイリはDゲームのアプリでシギルを高校生たちにばらまき、生徒たちがどのように成長していくのか、研究していたと考えられます。

ゲームマスターの役割とダーウィンズゲームの目的を解説

引用元:「ダーウィンズゲーム」game80

ゲームマスターの役割

至道イザヤは22巻game86で「ゲームマスターとは世界線ごとに存在する人類種の守護者とも言うべき存在」と話しています。

「ダーウィンズゲーム」には、世界線Oのような異世界がいくつも存在します。

そして世界線Oにはククリ、世界線Nには至道イザヤというように、それぞれ世界線ごとに守護者がおり、それぞれの世界線を守護しています。

 

さらに至道イザヤは「我々は異なる世界線を観測し繋ぐ能力を世界より委ねられている。世界の停滞を打破し、進化を促進するためのシステム。いわばこれがダーウィンズゲームの目的」とも説明しています。

至道イザヤが言う「世界」は何を指すのか不明ですが、ゲームマスターは特別や能力や役割を与えられていることがわかります。

他の世界線へ侵攻するゲームマスター

複数の世界線があることはすでに説明しましたが、与えられた力を悪用し、他の世界線に侵攻を始めたゲームマスターがいる、と至道イザヤは説明します。

世界線Nにグリードを、またアラバキがいる日本邑にドウメを送り込んだように。

ククリのいる世界線Oはまだ攻められていませんが、侵攻される可能性はゼロではないでしょう。

ダーウィンズゲームの目的

ビデオメッセージの中で、至道イザヤはダーウィンズゲームの目的について「世界の停滞を打破し、進化を促進するためのシステム」と話しています。

ここからダーウィンズゲームの本来の目的とは

  • 世界の停滞を打破し、進化を促進するため

ということがわかります。

 

一方で世界線Oのククリは「皇の役目はその枝(世界線)が健やかに育つ為の管理だ」とし、皇である自分を大樹に住み着いた一匹の小鳥に例えていました。

どうやらそれぞれの世界線のゲームマスターは、自分の世界線を守るためにいろいろと奮闘しているようですね。

至道イザヤはなぜダーウィンズゲームのアプリを作ったのか?

あくまで個人的な考察ですが、至道イザヤがダーウィンズゲームのアプリを作った目的は、シギルをばらまき、世界線Nにいる人間たちの能力を高めるためではないでしょうか。

与えられた能力を悪用し、こちらに攻めてくるゲームマスターに対抗する必要があるからです。

実際に渋谷に送り込まれたグリードたちにかろうじて対抗できたのは、サンセットレーベンズのメンバーだけでした。

至道イザヤは自分の統括する世界線Nを守るために、Dゲームのアプリを開発し、シギルをばらまき、人類種の進化を促した、と考えています。

日本邑のアラバキやドウメの存在を考察

引用元:「ダーウィンズゲーム」11巻

ここではハンティングゲームに登場した日本邑(にほんこく)やアラバキについて考察します。

日本邑と世界線Nの関係は?

日本邑は世界線Nから分岐した枝(世界線)、と個人的には考えています。

その理由は

  • 孤島に渋谷駅やモヤイ像、歌舞伎町の街並みがあった
  • モクレンが「こんな小さな集落を日本邑だなんて、かつての日本国を知るカナメ様たちには可笑しいでしょうけれど」と語っていた

歴史のある時点で世界線Nから日本邑の世界が分岐して、新たな世界線が作られたのです。

世界線ごとに時間の流れが異なると考えられるので、日本邑の世界線が世界線Nより早く時間が流れているならばありうる話です。

ドウメはどこから来た?

他の世界線から世界線Nにグリードが転送されてきたように、日本邑にも他の世界線からドウメやカイギュウが転送されたと考えられます。

目的は日本邑がある世界線を支配するため。

日本邑はグリードとの戦いに敗れ、絶滅寸前になったと考えられます。

なおゲームマスターはドウメを「人類の成れの果て」と言っており、アメリカのクラン・AGEラボのジスラン博士も、ドウメはホモサピエンスと遺伝子が99%以上共通する人類の近縁種と発表していました。

このような現象が起こる理由は不明ですが、人間の遺伝子を意図的に入れ替えて作ったのがドウメなのかもしれません。

アラバキという存在

アラバキが日本邑がある世界線のゲームマスターであることはすでにわかっています。

アラバキも至道イザヤと同じように、ゲームマスターとして自分の世界線を守ろうとしてきたのでしょう。

しかし悪意のあるゲームマスターの侵攻を受け、敗れたのだと考えられます。

至道イザヤはアラバキが犯した間違いを2つ指摘していました。

  • 国家権力と手を組んだことにより政治闘争に巻き込まれ、適切な行動がとれなくなった
  • 自分自身を過信し、一人で何でも解決しようとした

至道イザヤはアラバキと同じ過ちを繰り返さないため、国家とは手を結ばず、Dゲームと言うアプリを作り、シギルをばらまき、全人類を巻き込もうとしたのではないでしょうか。

世界線Oの存在を考察

世界線Nと世界線Oの関係を考察

「海賊王との決闘ゲーム」直前、至道イザヤは世界線Oのククリに

僕は自分の世界線をNとして、そこからの相対距離を基準に世界を分類している

世界線Oとはおよそ10万年前に枝が分かれた世界線だと推定してるんだが・・・

引用元:「ダーウィンズゲーム」16巻game63

と話しています。

ここからは私の考察ですが、至道イザヤは自分の世界線を中心にして、アルファベット順で世界線を分類している、と考えられます。

Nはアルファベットのほぼ真ん中。そしてとなりにあるのがO。

つまり世界線Nと世界線Oは枝が近いわけです。

反対に、AとかZは世界線Nから遠い枝であると考えられます。

世界線Oと世界線Nは協調関係

引用元:「ダーウィンズゲーム」game63

さらに至道イザヤはこうも言っています。

ともあれ僕たちには共通の目的

「それぞれの人類種の存続」があり一定の協力関係

つまりこの戦いのルールを定めたわけだ

我々ならば本来の意味でのダーウィンズゲームができる

引用元:「ダーウィンズゲーム」16巻game63

ここから世界線Oと世界線Nは協力関係にあることがわかります。

世界線Oと世界線Nは、歴史の中で「海賊王との決闘ゲーム」のような戦いをすることで、それぞれの世界線の発展を促してきたのではないでしょうか。

なぜなら「海賊王との決闘ゲーム」は「世界の停滞を打破し、進化を促進するためのシステム」というダーウィンズゲームの目的に合致する、と考えられるからです。

お互いに戦うことで進化を促進させることは、人類種の存続に貢献するはずですから。

まとめ:ダーウィンズゲームの目的は「世界の停滞を打破し、進化を促進する」こと

ゲームマスターの正体とダーウィンズゲームの目的を考察しました。

  • 世界線Nのゲームマスターの正体は大手通信会社社長かつエンジェル投資家の至道イザヤ
  • ダーウィンズゲームの目的は「世界の停滞を打破し、進化を促進する」こと
  • 至道イザヤは、ゲームマスターの能力を悪用して侵攻してきた世界線に対抗するため、Dゲームのアプリを作り、シギルを拡散したと考えられる
  • 日本邑のある世界線は、世界線Nから枝分かれしたと考えられる
  • アラバキは他の世界線からドウメやカイギュウを送り込まれ、戦いに破れたと考えられる
  • OとNはアルファベットの隣なので、枝が近いと考えられる
  • 世界線Oと世界線Nは「世界の停滞を打破し、進化を促進するため」に、「海賊王との決闘ゲーム」のような戦いを行ってきた

ストーリーが進み、新たな事実が明らかになったら記事を更新します。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ダーウィンズゲーム関連記事

ダーウィンズゲームのシュカがかわいい!シギル・能力やカナメとの恋愛についても

ダーウィンズゲームのカナメのシギル・ヒノカグツチとは?能力や強さを考察

ダーウィンズゲームのスイの年齢やソータとの関係は?シギルや能力についても

ダーウィンズゲームのカネヒラのシギルや能力は?最後はどうなるかについて考察

ダーウィンズゲームのエイスの王(ワン)の能力やシギルは?シュカ戦の結末や死亡についても

ダーウィンズゲームの花屋ヒイラギのシギルや能力は?娘のスズネについても

ダーウィンズゲームのパンダ君のシギルは?正体やカナメとの意外な関係についても

ダーウィンズゲームの強さランキングベスト30!

ダーウィンズゲーム(アニメ)の相関図!クランとキャラクター一覧と解説も

ダーウィンズゲームのレインのシギル・ラプラスとは?能力やかわいい画像についても

「ダーウィンズゲーム」サンセットレーベンズ対エイス!クランバトルの結末をネタバレ

ダーウィンズゲームの渋谷宝探しゲームの結末ネタバレ!勝者総取り特典についても

「ダーウィンズゲーム」ククリの正体は?20巻あらすじネタバレ

「ダーウィンズゲーム」スイやレインの5年後は?21巻あらすじネタバレ

「ダーウィンズゲーム」シュエランのシギルや能力は?裏切りや死亡についても

「ダーウィンズゲーム」オボロの正体を解説!シギルや強さ・能力や死亡についても

「ダーウィンズゲーム」ハンティングゲームの勝者・結果ネタバレ!特権についても

「ダーウィンズゲーム」レッドバイパー天笠vsスズネの結末は?シギルについても

「ダーウィンズゲーム」ドウメの正体を考察!グリードとの関係についても

「ダーウィンズゲーム」日本邑の存在を考察!モクレン・リクについても

「ダーウィンズゲーム」テミスのシギルを解説!特権やトリニティ・裏切りについても

「ダーウィンズゲーム」いのりんがかわいい!シギルや死亡・ギョクトサクジについても

「ダーウィンズゲーム」かわいい女子ランキング!キャラクターの紹介もあわせて

タイトルとURLをコピーしました