「呪術廻戦」百鬼夜行とは?日にちや時系列・京都や東京での出来事を解説

呪術廻戦

百鬼夜行とは、「呪術廻戦」の前日譚にあたる「東京都立呪術高等専門学校」に描かれている大規模な呪術テロ事件。

2021年冬には劇場アニメ「劇場版 呪術廻戦 0」で描かれることが決まっています。

ここでは百鬼夜行の目的や参加者、百鬼夜行に至るまでの時系列。

舞台となった京都や東京での出来事を解説していきます。

 

「呪術廻戦」百鬼夜行とは何か首謀者の目的や参加者を解説

百鬼夜行とは?

百鬼夜行とは2017年12月24日、夏油傑(げとうすぐる)一派が京都、および新宿で起こした未曾有の呪術テロ事件のこと。

非術師を皆殺しをし、呪術師の世界を作るために、夏油一派は日没直後の新宿と京都に、それぞれ1000体の呪霊を放ちます。

新宿には呪霊1000体の他に、夏油一派のミゲルやミミナナなども参戦しました。

 

都立呪術高専に在籍する夏油は、もともと「呪術師は非術師を守るためにある」と考えていました。

しかし星漿体・天内理子が伏黒甚爾に殺され、その後盤星教「時の器の会」に天内の遺体を引き取りに行ったとき、笑顔で拍手する盤星教信者の様子を見て、非術師を守ることに疑問を感じ始めます。

その後夏油は「呪術師の世界を作る」として呪詛師になり、盤星教を乗っ取り、金と仲間の呪詛師を集めるなど準備を進め、ついには百鬼夜行を起こすことになります。

夏油傑の目的

非術師を皆殺しにする、というのは百鬼夜行の本当の目的ではありません。

夏油の真の目的は、乙骨憂太を孤立無援に追い込み、乙骨の特級過呪怨霊・祈本里香を呪霊操術により取り込むこと。

そのために夏油は呪術高専の呪術師たちを新宿におびき寄せ、都立呪術高専にいる乙骨憂太を孤立させます。

そして高専に帳を降ろし、夏油vs乙骨の状況を作り、乙骨を殺害しようとします。

百鬼夜行の参加者

  都立呪術高専 京都 新宿
夏油一派 夏油傑 不明 ミゲル
枷場美々子・菜々子
菅田真奈美
呪術師 乙骨憂太
禪院真希
東堂葵
七海健人
秤金次
五条悟
狗巻棘
パンダ
伊地知潔高

「東京都立呪術高等専門学校」を読む限り、明らかになっている主な参加者は以上。

ですが、事前のミーティングで東京校の夜蛾学長が「OB、OG、それから御三家。アイヌの呪術連にも協力を要請しろ」「総力戦だ」と言っていることから、他にも主だったキャラクターが参加している可能性があります。

百鬼夜行の日にちや百鬼夜行に至る時系列を解説

夏油が百鬼夜行が仕掛けた日にちは2017年12月24日の日没直後。

 

またYahoo!知恵袋に乙骨憂太と同級生についての時系列がよくわからない、という質問があったので、「東京都立呪術高等専門学校」の主人公・乙骨を中心に百鬼夜行に至るまでの流れをまとめました。

年月 出来事
2011年
  • 宮城県仙台市にて乙骨憂太と折本里香が婚約
  • 折本里香が交通事故にて死亡(享年11歳)
  • 折本里香が乙骨憂太の呪いにより過呪怨霊に
2016年4月
  • 乙骨憂太が高校入学
2016年11月
  • 乙骨憂太への執拗ないじめが原因となり、折本里香がいじめの首謀者を含む4人の男子生徒に重症を負わせる
2017年3月
  • 乙骨憂太に完全秘匿死刑が下される
    →五条悟が乙骨の身柄を預かる
2017年4月
  • 狗巻棘、禪院真希、パンダが呪術高専に入学
  • 乙骨憂太が呪術高専1年に編入
  • 折本里香が422秒間完全顕現
2017年?月
  • 乙骨憂太・狗巻棘がハビナ商店街にて呪霊討伐任務をこなす
    →このとき夏油傑が帳を二重に降ろし、準1級レベルの呪霊を放っていた
2017年9月
  • 姉妹交流会が開催され、乙骨憂太の活躍により東京校が勝利
2017年?月
  • 夏油傑が呪術高専にて12月24日に百鬼夜行を行うと宣言
2017年12月24日
  • 百鬼夜行当日
  • 京都と新宿にそれぞれ1,000体の呪霊が解き放たれる

「百鬼夜行」京都・東京での出来事や結末を解説

京都での出来事

引用元:「呪術廻戦」17話

京都には特級呪霊1体・1級呪霊5体を含めた1,000体の呪霊が放たれます。

討伐には東堂葵、七海健人、秤金次があたり、特級呪霊1体と1級呪霊5体は東堂が一人で祓いました。

ただし「東京都立呪術高等専門学校」には京都での描写は一切ありませんでした。

東京での出来事

新宿にも1,000体の呪霊が放たれ、五条悟、狗巻棘、パンダ、伊地知潔高がこれに対応。

呪術高専には乙骨憂太と禪院真希が待機していましたが、ここに夏油傑が帳を降ろし来襲。

夏油は真希を倒し、新宿から応援に駆けつけた狗巻とパンダも倒します。

この様子を見た乙骨は激怒し、夏油と戦います。

結末

乙骨vs夏油は折本里香を完全顕現させた乙骨の勝ち。

敗れた夏油は「次こそ折本里香を手に入れる」と誓いますが、あとからやってきた五条悟に殺されます。

このとき五条は夏油の遺体の処理を家入硝子にしてもらわなかったため、加茂憲倫に乗っ取られることになります。

なお戦いを終えたとき、折本里香の呪いは解けて、無事に成仏するのでした。

まとめ

百鬼夜行について解説しました。

  • 百鬼夜行とは、2007年12月24日に呪詛師の夏油傑一派が仕掛けた前代未聞の大規模呪術テロ
  • 夏油の本当の目的は乙骨憂太を孤立させ、折本里香を呪霊操術により取り込むこと
  • 東京校では乙骨と夏油の戦いになり、乙骨が勝利
  • 夏油は五条に殺されるが、遺体を加茂憲倫に奪われる
  • 折本里香の呪いは解ける

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました