呪術廻戦の虎杖仁の正体は?香織との関係や倭助の忠告の意味についても

呪術廻戦

「呪術廻戦」の主人公・虎杖悠仁の両親については、作品開始当初からずっと謎のままでした。

虎杖は母親の記憶がなく、父親のことはうっすらと記憶がある程度だったからです。

しかし143話、虎杖の両親の存在がおぼろげながら明らかになります。

父親の名前は虎杖仁、そして母親と思われる女性の名は香織。

しかし香織の額には縫い目があり、存在自体に謎が残ります。

今回は虎杖悠仁の父親・仁に注目!

  • 虎杖仁の正体
  • 虎杖仁と香織との関係
  • 虎杖倭助が仁に忠告した意味

以上3点について考察します。

 

「呪術廻戦」虎杖悠仁の両親が判明

父親は虎杖仁

虎杖悠仁の父親と思われる男の名は虎杖仁(いたどりじん)。

メガネと温厚そうな表情、父親に敬語を使うところが印象的で、143話では赤ん坊だった頃の悠仁を抱っこしていました。

仁は倭助の実の息子のようですが、

  • 兄弟はいるのか?
  • 母親は誰なのか?
  • 死んだ香織とはどのように知り合ったのか?
  • 呪術界に属する人間なのか?

などの詳細は不明。

なお呪胎九相図の1番・脹相は139話で「思い出せ。あったはずだ。お前の父親の額にも縫い目が」と虎杖に言っていました。

しかし143話に登場した仁の額には縫い目はありませんでした。

母親は縫い目の女?

虎杖悠仁の母親と思われる女性が額に縫い目がある女性。

縫い目の女性は倭助を「お義父さん」と読んでいたことから、仁とは婚姻関係にあると判断できます。

ただし縫い目の女が”香織”なのか、それとも”香織”とは別の女性なのかは不明。

縫い目の女の正体を考察

ここで縫い目の女の正体を考察します。

個人的には縫い目の女の正体は羂索(けんじゃく)だと考えています。

1,000年前から存在する呪詛師である羂索は自分の術式を使い、他人の体を転々としながら現在まで生き延びてきました。

この間、加茂憲倫の体も乗っ取りましたし、現在では夏油傑の体も乗っ取っています。

羂索は宿儺の器を作るために香織の体を奪い、虎杖仁に近づき、”宿儺の器”としての悠仁を作ったと考えられます。

 

ただしなぜ香織の体でなければならなかったのか?

また相手が仁でなければならなかったのか、理由は不明。

なお縫い目の女の正体については、以下の記事で詳しく考察しています。

虎杖悠仁の父親・虎杖仁の正体を考察

引用元:「呪術廻戦」143話

ここでは虎杖仁の正体を考察します。

一般人と考えられるが

143話を読んだだけでは虎杖仁の正体はわかりません。

情報が極めて限られているからです。

わかることと言えばこの程度。

  • 虎杖倭助の実の息子であること
  • この時点ですでに死んでいる香織という女性との間に子を望んでいたこと
  • 縫い目の女と婚姻関係にあること

仁の様子を見ても特に変わったことはなく、一般人(ごく普通の人間?)にしか見えません。

虎杖家の養子である可能性

ないとは思いますが、仁は虎杖家の養子である可能性も考えられます。

なぜなら仁が倭助に敬語で話をしているから。

虎杖のお祖父ちゃんが実の息子に敬語で話させるほど、きびしい躾(しつけ)をするとは考えにくいです。

となると仁が倭助に養子として引き取られた可能性が浮上します。

ただし143話には情報が少ないため、あくまで推測に過ぎませんが。

「呪術廻戦」虎杖仁と香織の関係を考察

ここでは虎杖仁と香織の関係を考察します。

なお香織の正体が羂索であるという前提で話を進めていきます。

仁は香織にホレていた

仁が(本物の)香織にホレていたことは間違いないでしょう。

だからこそ香織との間に子どもを望んでいたのですから。

しかし香織は死んでしまいます。

香織の死因は不明。

しかし倭助が「あの女だけはやめとけ。死ぬぞ」「だが香織が死んだのは」と言っていることから、香織の死に羂索が関わっている可能性は十分にあります。

羂索に利用されている可能性

縫い目の女の脳みそが羂索であると仮定すると、仁は羂索に利用されている可能性があります。

香織はすでに死んでいますが、仁は「(香織はまだ)生きている」と信じ込まされており、宿儺の器としての悠仁まで作った(作らされた?)と考えられるから。

 

ただし仁が羂索に利用されているなら、仁は何らかの特殊な能力、あるいは体質を持っている可能性があります。

虎杖悠仁は宿儺に耐性を持つ逸材としてこの世に誕生。

1,000年もの間、生まれてこなかったほどの逸材です。

そんな逸材の出生に関わっているのですから、仁が単なる一般人であるとは考えにくいです。

仁の正体については今後も注視していく必要があります。

虎杖倭助が仁に忠告をした意味を考察

虎杖倭助は明らかに縫い目の女を警戒していますね。

香織が死んだのも縫い目の女(おそらくは羂索)が関わっていると考えているようです。

しかし仁は縫い目の女を香織だと信じ込んでおり、盲目になっている様子。

そんな仁の目を覚まさせるために「あの女だけはやめとけ。死ぬぞ」と警告しているのでしょう。

倭助の正体や過去は143話まででは不明。

ですが倭助自身も術師である可能性が考えられます。

だからこそ縫い目の女が危険な存在であることに気がついているのだと思われます。

仁の正体と同時に、虎杖のお祖父ちゃんの正体や過去についても注目していく必要がありますね。

「呪術廻戦」を安く読む方法!すぐに2冊読めるサービスについても

以下の記事では「呪術廻戦」単行本を安くオトクに読む方法をご紹介しています。

  • 6冊半額で読めるebookjapan
  • 1冊165円(約64%OFF)で6冊読めるクランクインコミック
  • 登録するだけで1,350ポイントがもらえ、すぐに2冊無料で読めるコミック.jp

などをご紹介しています。

まとめ

  • 虎杖悠仁の父親は虎杖仁
  • 仁は一般人だと思われるが、何らかの特殊な能力や体質を持っている可能性もある
  • 仁は羂索に縫い目の女を本物の香織だと信じていると思われる
  • 虎杖倭助は縫い目の女が危ないことに気付いており、仁に助言をした

虎杖の両親についてわずか2ページしか情報がないので、考察がむずかしいですね。

今後新しい情報が入り次第、考察を加えていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「呪術廻戦」存在しない記憶は虎杖の術式で記憶操作?発動条件についても

「呪術廻戦」釘崎野薔薇はかわいい?術式・黒閃や沙織ちゃん・名言についても

「呪術廻戦」伏黒恵の術式・式神を解説!過去や姉・津美紀(つみき)についても

「呪術廻戦」パンダの正体は?強さ・能力や渋谷事変で死んだかについても

「呪術廻戦」メカ丸の天与呪縛や術式を解説!内通者としての裏切りや死亡についても

「呪術廻戦」両面宿儺の目的を考察!正体や術式・領域展開「伏魔御厨子」についても

「呪術廻戦」庵歌姫の術式や能力を考察!弱いのかや顔の傷の理由についても

「呪術廻戦」冥冥の術式や強さは?電話の相手やかわいい弟の憂憂についても

「呪術廻戦」九十九由基の術式や強さは?黒幕説や夏油・虎杖との関係についても

「呪術廻戦」加茂憲倫が偽夏油の正体と確定?虎杖との関係や憲紀についても

「呪術廻戦」天元様の正体は?黒幕説や九十九由基との関係についても

「呪術廻戦」漏瑚(じょうご)の術式や強さは?領域展開や死亡についても

呪術廻戦の禪院直哉の死亡は確定?復活や真希母の産んでよかったの意味も考察

呪術廻戦の釘崎野薔薇の術式・芻霊呪法とは?黒閃や過去についても

呪術廻戦の伏黒恵のふるべゆらゆらの言霊とは?魔虚羅(まこら)の正体についても

呪術廻戦の家入硝子の術式・能力は?階級や医師になった理由についても

呪術廻戦の夜蛾正道とパンダは親子?息子の魂を核に込めたのか考察

タイトルとURLをコピーしました